お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

当てはまるとヤバイ!? 「離婚する夫婦」の共通点6つ

ファナティック

幸せそうに見えても夫婦の間では何が起こっているのかわからないもの。ある日突然「離婚する」と聞かされて驚くこともあれば「やっぱり」と納得することも。今回は、女性たちから見て「この夫婦は離婚するだろうな」と思う夫婦の共通点について聞いてみました。

■ケンカしすぎるかケンカしなさすぎるか

・「どちらかが我慢していること……相手はそれをケンカがなくてうまくいっていると思っている」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「常にケンカかどちらかが我慢してる生活」(34歳/その他/販売職・サービス系)

いつもケンカばかりしていて仲の悪そうな夫婦や逆にケンカはしないけれど片方が我慢を強いられている夫婦。どちらも相手への思いやりに欠ける夫婦なので、早々に離婚してしまいそうですね。

■相手に求めてばかり

・「自己中心的で、相手にばかり求めている夫婦はうまくいかないと思う」(38歳/その他/その他)

・「相手に求めすぎてしまう。自分の思いがあふれて、相手への思いやりが少なくなってしまう」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

相手に求めてばかりで「何もしてくれない」と愚痴る。自分が相手に何かをしてあげることでなく、してもらうことしか考えていない自己中心的な人は、愛想を尽かされるのも時間の問題かもしれませんね。

■勢いで結婚した

・「勢いで結婚して、結婚後の生活が理想と異なり、お互いのよさを感じたり思いやったりできない夫婦」(38歳/その他卸/その他)

・「一瞬めっちゃ好きでそのノリで結婚したんだろうなって。熱量がすごいカップルだったんだなって思います」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

交際期間が短い電撃結婚カップルや妊娠をきっかけに慌てて結婚したカップルは、結婚への覚悟ができていなくて熱が冷めるのも早そう。結婚後に「何かが違う」と感じることも多いのでしょうね。

■話し合う時間が取れない

・「話し合いがなくなった夫婦。お互いに不満がたまって離婚しそう」(38歳/その他/その他)

・「お互いが忙しすぎて話す時間が取れない」(34歳/その他/その他)

忙しくて夫婦の時間を作れない、会話もままならない。そんな夫婦は気持ちのすれ違いから離婚してしまうこともありそう。仕事を優先することも大事ですが、夫婦の時間を作る努力も忘れてはいけませんよね。

■悪いことはすべて相手のせい

・「何でも、相手にせいにする。自分勝手なことばかりしていて、その理由を人のせいにする」(38歳/その他/その他)

・「お互いが自分のことを優先にしている。わがままでそれを許せない」(32歳/その他/その他)

自分勝手なことをしておきながら、何か問題があったら相手のせいにする。そういう思いやりのないカップルは、夫婦としての絆を築いていくこともできず、信頼関係も持てなさそうですね。

■どちらかに負担がかかりすぎている

・「話し合いをしない、または有無を言わせないくらい、どちらかが主導権を握っている」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「どちらかが、家事や育児、事務作業などを負担していること」(32歳/商社・卸/営業職)

家事や育児の負担、家計を支える負担。夫婦それぞれがバランスよく負担しあっていればいいのですが、片方にウエイトがかかり過ぎると我慢の限界を超えてしまいそう。うまく話し合いができていないのも、片方だけがストレスを感じる原因かもしれませんね。

■まとめ

結婚以上にパワーが必要だと言われる離婚。でも、苦労するとわかっていても離婚したいと思うからには、夫婦生活に大きな問題があるのは確かかもしれませんね。一つずつはささいなことであっても、それがずっと続くと思うと耐えられない。努力はしたけれど、もう限界と思ったときに離婚に至ってしまうのかも。離婚を考える原因がまだ小さなうちに解決する努力が離婚を避けるために必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]