お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もう男として見られない!? 妻をその気にさせる秘訣・6選

ファナティック

いつまでも新婚のころのようにいたいと思っても、時間が経つにつれて、お互いに相手への関心が薄れてくるものですよね。相手をその気にさせるには、もう一度自分に興味を持たせるように努力が必要になってくるもの。今回は既婚男性に、自分に対して無関心になってきた妻をどうやってその気にさせるのか、アドバイスしてもらいました。

相手を褒める

・「とにかく褒めて褒めて褒めまくる!」(24歳/食品・飲料/その他)

・「やさしい態度と褒めること。あと、相談などをし、情報を共有すること」(37歳/建設・土木/経営・コンサルタント系)

人に褒められて悪い気分になる人も少ないのでは。それが夫からだとすると、見え見えだとしてもうれしく感じることもありますものね。

サプライズをする

・「相手が喜ぶ、期待もしていないようなことをサプライズでして、見直してもらうこと」(33歳/情報・IT/技術職)

・「プレゼントを贈って、サプライズをする」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

マンネリ化した生活を打破するためには、たまにするサプライズが効果的かもしれませんね。思いつかないようなところでサプライズを仕掛けられたら、喜びも増えそうです。

体を鍛える

・「体を絞って筋肉質にすることです」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「体を鍛えたり服装を変えたりとイメチェンをする」(26歳/その他/その他)

奥さんをその気にさせるためには、まず体を絞ることだと考える男性もいるようです。自分を磨くことで、相手も振り返ってくれるかもしれませんものね。

会話を欠かさない

・「とにかく話すことが大事でしょ。コミュニケーションが大事だから」(38歳/電機/営業職)

・「日々の会話を欠かさないことが大事」(38歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

普段から会話をするように心がけるのも、夫婦にとっては大切なコミュニケーションのひとつになりますよね。些細なことでも構わないので、とにかく会話をすることが大事ではないでしょうか。

スキンシップをはかる

・「スキンシップ。これをやってれば無関心にはならないと思う」(31歳/自動車関連/技術職)

・「常にスキンシップをとるようにすること」(39歳/その他/その他)

普段から相手とスキンシップをとるように心がけることは大切ですよね。スキンシップをとることで、会話も生まれてきますものね。

やさしくする

・「やさしく接して、しっかり話を聞くこと」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「やさしく接していつも感謝を忘れない」(39歳/不動産/営業職)

当たり前のことかもしれませんが、相手に対してやさしく振る舞うのは大事なことですよね。慣れてしまうと、つい思いやりのない扱いをしてしまいがちですが、そういったところから歪みが生まれてしまいます。

まとめ

パートナーから関心を持たれなくなってくるのは、お互いのことを家族として見てしまっていることが原因となっているのではないでしょうか。母親や父親である前に、異性同士であることをお互いに意識するようにしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月7日~11月8日
調査人数:156人(22歳~39歳の既婚男性)

※この記事は2016年11月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE