お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性の残酷な本音! 女として見れない「女友だち」の特徴・6選

ファナティック

女友だちはあくまでも「友だち」。いくら一緒に寝ていてもおかしな気持ちにはならないと自信を持って言い切る男性たち。では、どんな女友だちに対しても同じように思うのでしょうか? 今回はベッドで隣に寝ていても何も起こらないと思う女友だちの特徴について男性たちに聞いてみました。

色気がない

・「ずぼらで色気のない女性だと思う」(25歳/その他/その他)

・「男勝りな女の子や、ボーイッシュな人」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

女性としての色気がまったく感じられない女友だちには男としてもその気がわいてこないのは自然な流れ。普段からボーイッシュな感じで、女性らしさのない相手なら隣で寝ていても熟睡してしまえる男性は多いかもしれませんね。

男友だちと同じような関係

・「サバサバしていて男友だちのような間柄」(26歳/その他/その他)

・「ノリがマジで男。全く女っ気のない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

いつも男友だちと同じようなノリで付き合っている女性に対して、いまさら性的な魅力を感じられないという男性も。話していて楽しい、気が合う仲間としか見てもらえない女性というのもいるようですね。

恋愛感情のわかない女性

・「お互いに恋愛感情がない関係なら何もない」(27歳/その他/その他)

・「お互いに興味のかけらもない関係」(30歳/金融・証券/営業職)

異性として意識したことがないので、恋愛感情がわかない。友だちとしていくら好きだとしても男女の関係になるには、やはり恋愛感情がないと無理。女性なら誰でも良いというわけではないというのが男性のホンネのようですね。

ルックスが好みではない

・「自分好みでない顔の人は何もなさそう」(27歳/機械・精密機器/その他)

・「体型や顔が自分の好みではない女性」(27歳/食品・飲料/その他)

友だちならルックスの好みは二の次。性格が合うかどうかだけで選べるけれど体の関係を持つとなったらルックスが好みであることが前提となるようです。タイプでない女性には、男性もそそられることがないみたいですね。

幼なじみ

・「幼なじみ。なんでもお互いに知ってるから」(30歳/建設・土木/技術職)

・「幼なじみだったり、あまりにも身近な存在だとそういう気分にはならないのかも」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

小さいころからお互いを知っている幼なじみは、言ってみれば家族も同然。兄弟、姉妹のような関係だと思っている相手には、性的な興奮も感じないのは当たり前のことなのでしょうね。

奥手な女性

・「極度に真面目で、異性と一度も付き合ったことのない人」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「おとなしそうでひかえめな草食系の友人」(34歳/情報・IT/技術職)

自分から下手に手を出すと嫌われてしまいそうな真面目でおとなしい女性。たとえ、女性としての魅力を感じたとしてもあまりにも奥手な女性に対しては、男性たちも遠慮してしまうのかもしれませんね。

まとめ

女友だちにはまったく異性として興味がわかないので同じベッドに寝ていても何も起こらない。普段から友だちとして付き合っていると、女性らしさや色気よりも人としての良さに目がいってしまうので異性として意識できないのかもしれませんね。もちろん、友だち付き合いから恋人へと変化することもあるでしょうが、そうなるためにはまず女性として彼に見てもらうことが必要なようですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の働く未婚男性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE