お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ゆとりをバカにすんじゃねぇっ!! いい加減うんざりしてる「上司の話」6

ファナティック

会社のコミュニケーションの一環として、飲み会に誘われることもあるもの。飲み会でイヤな上司がいたとしても、露骨に避けるわけにはいかないのがつらいところ。今回は、飲み会で上司がする面倒くさい話題について、女性にピックアップしてもらいました。

ゆとりの話

・「ゆとり世代はああだのこうだのしつこくものを言ってくるところ」(30歳/その他/その他)

・「ゆとり世代をばかにした言い回しや会話をすること」(25歳/建設・土木/その他)

何かというとゆとり世代のことを、小ばかにしたような言い方をする上司も多いもの。その世代を作りだしたのは、あなたたちですと言いたくなりますよね。

結婚の話

・「結婚してない上司と結婚しろ。と言われる」(23歳/医療・福祉/その他)

・「結婚などプライベートなことを根掘り葉掘り聞かれること」(31歳/その他/その他)

恋愛や結婚の話は会社の中でも、それほどオープンにしていない人も多いのでは。プライベートを掘り下げて聞いてくる相手が上司であるだけに邪険にもできないところが、つらいですよね。

仕事の話

・「仕事の話。延々とされると二度と行きたくなくなる」(32歳/マスコミ・広告/技術職)

・「仕事についての真面目な話は困る」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

せっかく楽しい飲み会の席だというのに、いつまでたっても仕事の話をやめない上司も。まわりがウンザリしていることに気づいてほしいものです。

自分の恋愛話

・「自分は昔すごくもてたという話。実態が定かではないし、そもそもかっこよかったという形跡がまったくないので」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分の恋愛の話。モテた話を延々とする」(34歳/医療・福祉/専門職)

どれだけ自分がモテたか話を聞かされても、今のルックスを見ると、ピンとこないもの。作り話なのか実話なのかも怪しいですよね。

昔の武勇伝話

・「昔の武勇伝を語る人、あの時代は大変で~みたいな話をされた時」(27歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「昔の武勇伝、もしくは過酷な労働の中頑張ってきたアピール」(23歳/情報・IT/技術職)

昔はこれだけやんちゃしていた。などといった武勇伝を語られても、その時代を知らない人にとっては返答に困るものですよね。

同じ話を繰り返す

・「同じ話を毎回毎回聞かされること」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「毎回同じ話をする。”前にも聞きました”とは言えないので、みんな初めて聞いたような反応をしているのがつらい。若い社員、仕事のできない部下に説教をする。まわりの空気も悪くなる」(32歳/建設・土木/技術職)

お酒のせいなのでしょうか。毎回同じ話をする上司は意外と多いですよね。時代背景や登場人物の名前は、完全に覚えてしまっている人も多いのでは。

まとめ

どちらかというと、お酒の席での上司にウンザリしている女性は多いようですね。普段、誰も話を聞いてくれないので、ここぞとばかりに話をしているかもしれません。そう思うと、上司もかわいく見えてくるのでは。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月3日~10月4日
調査人数:191人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE