お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が信じてる自分なりのジンクス・6選

ファナティック

「◯◯をしたら必ずいいことが起こる」という不思議な現象を経験したことはありませんか? 1度だけならまだしも、2度3度とそういうことがあると、逆にそれをせずにはいられなくなりそう。今回は、続けることでいい結果が出た自分自身の言動や行動について、社会人女性に聞いてみました。

掃除

・「常に部屋をキレイにして物を増やさないこと。自然とお金がたまるし、無駄な買い物をしなくなった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「毎日掃除。基本掃除が好きなのと風水も気にするので、毎朝掃除してから会社にきますがわりと、毎日いいことがあります」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

部屋をキレイに掃除するのは気分がよくなるだけでなく、風水などでも運気が上がると言われていますよね。トイレ掃除をすると金運が上がるなど、自分が叶えたい願いに合わせて掃除を一生懸命するといいことがあるかもしれませんよ。

いい財布を持つ

・「お財布は常に清潔にすること。金銭運が上がる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お財布を少しいいものを持つ。金運が上がっているような気がする」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

少し高級の財布を持つことや、金運アップにつながる色を選ぶことで、お金が貯まるというのもよく聞くゲン担ぎ。確かにレシートがたまった財布やボロボロの財布では、お金を大事にする気持ちもわいてこないかもしれませんね。

自己暗示をかける

・「何か試験や面接があるときに、『私ならできる』と自分に言い聞かせること」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

・「テスト前に『うまくいきますように』と念を込めると、いつもいい結果を出せる」(25歳/その他/専門職)

何かを成功させるために大切なのは、自分自身を信じること。試験や面接などの前に「落ちるかも」と思うと、それが悪い結果につながりそうですが、逆に「私なら大丈夫」と自己暗示をかけることで成功につながりそうですね。

「ありがとう」と声にする

・「毎日、寝る前に『ありがとう』とつぶやきました。人間関係がよくなりました」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「毎日『ありがとう』と、5回以上言うことを心がけている」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

すべてのことに感謝する気持ちを持つことも、自分の運気を上げる秘訣。何か問題があったときにもそれを嘆くだけでなく、成長するための大事なチャンスをもらったと感謝の気持ちに変えることで、乗り越えていく力もわいてきそうですね。

日記をつける

・「いいことだけを毎日書き出すこと」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「日記をつける。自分を振り返るいいきっかけになった」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

願いごとや目標は心に思うだけでなく、文字にして書き出すことも大事。書くことで目標が明確になるだけでなく、それを叶えるために何をすれば良いのか、自分の行動を整理することができそうですよね。

人のためになることをする

・「毎日ひとつはいいことをすること。あとでクジが当たったり、けっこうラッキーなことがあったりするから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「見られていないところでも親切にする」(25歳/生保・損保/営業職)

「情けは人のためならず」という言葉があるように、いい行いは自分にもいい運気をもたらしてくれそう。人に感謝されたうえに自分にもいいことが起こる善行。人へのやさしさの大切さを知ることは、運気を上げるためにも必要かもしれませんね。

まとめ

最初は願いを叶えるためにしていたことでなくても、それをすることでいいことがあったと思えたら努力する気にもなれそう。それほど負担になることでもなければ、続けるのも苦にならなさそうですよね。でも、身のまわりをキレイにしたり、人のためになる行動を取ったりというのは当たり前のようだけど、できていないという人も多いかも。何かいいことがあったら、その前に何をしたか気にしてみて、それを続けるようにがんばってみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月19日~10月30日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE