お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「忙しい彼」に大切にされる女性の6つの共通点

ファナティック

仕事が忙しいと彼女のことも放置。寂しいような気もしますが、男性にとっては、彼女ならわかってくれるだろうという甘えもあるのかも。でも、そんな彼でも女性の心がけ次第では大切にしてもらえることもありそう。今回は、忙しい彼にも大事にされる女性の特徴について、同性である女性自身の意見を聞いてみました。

癒しの存在

・「彼を支えて、癒しになってくれる。女は癒し系が1番モテると思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「笑顔がかわいい、癒されるのでいい」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

疲れたときにも彼女に会うだけで元気がもらえる。そんな癒しの存在になれれば、どんなに忙しい彼にも大事にしてもらえそう。いつも笑顔で彼に接するというのは一番大切なことかもしれませんね。

労いの気持ちがある

・「労いの言葉など思いやりある言動が多い」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「できるだけ相手を労わることができる女性。また、『一緒にいたい』と思われるような博識で魅力的な女性」(27歳/建設・土木/技術職)

いつも仕事をがんばっている彼の努力を認めて、ねぎらいの言葉をかけることができる女性。彼女には自分の仕事を理解してもらいたいと思っている男性にとって、「わかってくれている」彼女の存在は大事に思えるでしょうね。

会えないときに無理を言わない

・「自立している。無理を言って困らせないから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「しつこく会えないことについて、文句を言わない」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

彼も彼女に会いたくないわけではなく、時間を作るのが難しいだけ。それをきちんと理解してあげれば、無理なことを言って彼を困らせることもなさそう。どうして会えないのか、彼を責めても苦しめるだけですよね。

放っておけないタイプ

・「かわいらしくてほっといたら泣いてしまいそうなか細い女性だと大切にされそう」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「守ってあげたいような言葉遣いや態度を持っている彼女」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

ひとりにしておくのが心配、自分がいてあげないとダメ。男性にとって守ってあげたくなるような存在でいることも大事にされる秘訣。もちろん、彼の負担にならないような気遣いは必要ですが、保護本能をくすぐるというのがポイントでしょうね。

彼に尽くす

・「彼のことを思って、いろいろ尽くしてくれる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「同僚の彼女の話だけど、忙しい彼の体を労わって、手料理を持って行ったりしてすごくいい子だと大切にされているから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

彼が仕事で忙しいときには、プライベートな部分で彼をサポートしてあげる。彼のために尽くす気持ちを持つことも大事にされる彼女になるためには大切なようです。おいしい料理で彼を迎えてあげれば、彼も仕事から解放されてくつろげますよね。

ひとりの時間を充実させている

・「自分もひとりの時間を有意義に過ごしていて、一緒に過ごす時間に還元できる人」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分の趣味を持っていて、会えない時間も充実している人」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ひとりでいる時間に趣味などで有意義に時間を使っている女性は、男性から見ても素敵に思えそう。彼のことだけを考えているのではなく、自分自身を大事にすることも彼に大事にしてもらうためには必要でしょうね。

まとめ

好きなら忙しくても会えるはず、連絡くらいはできるはず。そんな風に自分の気持ちだけを押し付ける彼女だと忙しい彼にとって重荷になってしまうかも。彼への愛情があるのなら、精神的な支えになれるような努力も忘れてはいけませんよね。この人なら自分のしていることを理解してくれるはずという信頼感を持ってもらうことが、彼に大事にされるためのポイントと言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月28日~2016年11月4日
調査人数:111人(22~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE