お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

信じられねぇ……! ひどすぎて他人には言えない彼女の醜態・6選

ファナティック

恋人同士ともなれば、つい気持ちが緩んでしまうなどして、思わぬ醜態をさらしてしまうこともあります。ちょっとした失敗であれば、おっちょこちょいですみそうですが、あまりにもひどいとさすがの彼も引いてしまう場合もあるようです。そんな男性が経験した、あまりにもひどすぎて他人に言えない彼女の醜態について聞いてみました。

寝相があまりにも悪い

・「寝相が悪い。口を開けて、腕を上げて、がに股」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「寝相が悪くて、半目を開けて寝ている姿が、あまりにもひどい」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

寝ている間のことなので仕方がない……とわかってはいても、あまりにもひどいとさすがに人には言えないなと思ってしまうようです。

お酒に酔いすぎたときの姿

・「夏、暑い日の夜にお酒を飲んで酔っ払うと、下着のまま何本もお酒を飲む。朝起きてびっくりする空き缶の量がある」(39歳/電機/技術職)

・「泥酔して漏らしたときは百年の恋も冷めそうだった」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ほろ酔い状態の彼女はかわいく感じるけれど、あまりにも泥酔してしまうとさすがにちょっと……といったところでしょうか?

部屋があまりにも汚い

・「家へ遊びに行ったときにすごく部屋が汚かったこと。他人には話せない」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「部屋が汚い、洗いものをしないなど不潔極めてるところ」(37歳/その他/その他)

身だしなみはちゃんとしているのにお部屋が汚いなどといった場合は、誰にも言えないなと感じてしまうようですね。

ムダ毛のお手入れが甘いときや処理をしていなかったとき

・「ムダ毛がそれていないところを発見してしまったとき」(29歳/医療・福祉/その他)

・「彼女が裸になったとき、ワキ毛の処理をしていなかった。気持ち悪かった」(38歳/その他/その他)

ちょっとしたそり忘れくらいは見逃してほしいところですが、お手入れをさぼっているとあまりにもひどいと感じてしまう男性もいるようです。

人の悪口を言う姿を見てしまった

・「けっこうキツイ口調で気に入らない人間の悪口を言っていたこと」(37歳/その他/事務系専門職)

・「表ではいい顔してるが裏では悪口とかひどいことなど言っている」(39歳/その他/販売職・サービス系)

彼氏の前だけで、友人や知人の悪口を言ってしまう女性もいることでしょう。気を許して本音で話しているつもりでも、男性はあまり良い気分ではないようです。

すっぴんでも平気でどこへでも行ってしまう

・「すっぴんにスウェット姿でコンビニへ行く」(29歳/自動車関連/技術職)

・「化粧をしないまま出掛けてしまった」(39歳/金融・証券/営業職)

彼氏の前ですっぴんでいることは許せても、そのままあちこち出掛けてしまうのはいかがなものかと感じている男性は少なくありません。

恋人関係になると、つい気を許してしまうものですが、あまりにも許し過ぎると思わぬ醜態にもつながりがちです。知った間柄であっても、ある程度の気遣いは必要でしょう。

まとめ

中には「アスレチックができる公園で、池を飛び越えるアスレチックがあったが、自信満々に飛んだところ、見事池にはまり周りの人たちに引かれた」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)といった、おちゃめな理由もありましたが、多くの意見は相手への配慮のなさからくるものとなっていました。気を抜きすぎるのはやはり考えものなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月19日~10月20日
調査人数:406人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE