お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

このタイミングーー!? 女といい雰囲気の最中に起こったまさかのトラブル・6つ

ファナティック

女性といい雰囲気になったら、誰にも邪魔されたくないですよね。まわりの人もラブラブモードのカップルの邪魔はしないと思ったら、そうでもないようで。男性が女性といい雰囲気になったときに起こった信じられないトラブルとは?

携帯鳴りすぎ!

・「携帯がバンバン鳴りまくることでした」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「携帯が鳴ったり、来客があるとき」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

映画館や舞台でも誰かの着信音がすると一気に現実に引き戻されるように、携帯が鳴ると冷めますよね。好きな人といい雰囲気になったとき、携帯の着信音ほど無粋なものはないのかも。

会社から連絡が……

・「会社からの呼び出しの電話で戻らざるを得ないとき」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

・「会社からの緊急の呼び出し電話がある」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

普段は会社から呼び出されたりしない人でも、女性と会っているときに限って緊急の連絡が入ってくることも。会社からの連絡は放っておくわけにもいきませんから、困りますね。

家族が乱入!

・「飼っている犬が、かまってくれないと嫉妬してその場でウ○チをしたとき」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「妻といい雰囲気のときに、妻の母がいきなり部屋に入ってきた」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

わざとなのかそうでないのか、女性といい雰囲気になったタイミングでその場に乱入してくる家族たち。特に同居していれば、思わぬ形で出くわすこともあるかもしれませんね。

おなかが……

・「急な腹痛になり、トイレに行くことになった」(39歳/警備・メンテナンス/経営・コンサルタント系)

・「観覧車の中で下痢。話に集中できない」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

不幸にも、デート中に腹痛。食べたものが悪かったのか? 日ごろの行いが悪かったのか? いろいろな思いが頭の中を駆け巡りますが、もうトイレに行くことしか考えられなくなっていいムードが台なしです。

知り合いにバッタリ

・「偶然、彼女が旧友と出くわし、やたら懐かしい話で盛り上がっているシーンを見たとき」(38歳/ソフトウェア/技術職)

・「公園で女性といい雰囲気になったのだが、歩いていたバイトの後輩とバッタリ会った」(39歳/自動車関連/技術職)

異性とイチャイチャするときに人目は厳禁。知らない人ならまだしも、知っている人に会えば相手をしなければなりませんよね。気づかないフリをするのも手ですが、むずかしいものです。

ザ・事故現場!

・「事故の現場の証人。3時間くらい拘束された」(28歳/建設・土木/技術職)

・「ヤンキーに絡まれる。最悪。イヤだ」(36歳/商社・卸/営業職)

女性といい雰囲気になったときに限らず、普通にイヤなトラブルですね。ですが、事件や事故は思わぬときに発生するもの。自分もいつ巻き込まれるかわかりませんよね。気をつけましょう!

まとめ

せっかくいい雰囲気になったときに起こってしまった、信じられないトラブルについて、さまざまなエピソードが寄せられました。他人の不幸は蜜の味という、いじわるな格言がありますよね。そのときは最悪なトラブルでも、振り返れば笑い話にできることもあるのではないでしょうか。こりずにまた、女性をいい雰囲気に持って行ってほしいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE