お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

隠してもムダムダっ! 不倫中の女性に現れる6つのサイン

ファナティック

男女の不倫に注目が集まる昨今。自分からすすんで「禁断の恋」を打ち明ける女性は少ないかもしれませんが、近くで見ていて「あれ? もしかして……」なんて勘づいてしまうこと、ありますよね。働く女子たちは、こんなところで「不倫中の女性」を見抜いている!? 今回は、「不倫している女性に現れるサイン」について働く女性たちの意見を聞いてみました。

(1)秘密主義

・「なんでも秘密にしようとする。隠しごとが多くなってくる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「恋愛していそうなんだけれども、なんか隠している雰囲気がある」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

恋愛中はおしゃべりになる女性が多い中、話したくても話せない! のが不倫女性の特徴です。「恋人の存在」をにおわせながらも、確証をつかませないとしたら、かなり「怪しい」のかもしれませんね。

(2)危険な色気をまとっている

・「わけわからないフェロモンが出ている気がする」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「危険な香りがする。ふわふわしている」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

言葉で説明するのは難しいですが、不倫中の女性が発する独特の色気を、女のカンで敏感にキャッチする人もいるよう。秘密を背負っているからこそ、ミステリアスな女性の色気が増すのかもしれませんね。

(3)突然雰囲気がガラッと変わった

・「持ち物とか服装が変わると、あれ? と思う」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「身に着ける服装や髪型がガラッと変わったとき。夜の時間帯にいつも忙しそうにするようになったとき」(25歳/その他/専門職)

付き合う相手によっては、生活が派手になっていくことも……。特に交際相手に影響されやすい女性は要注意。気付かない内に既婚男性の色に染まっているかもしれません。周囲から「あれ? もしかして……」なんて思われている可能性も大ですよ!

(4)付き合いが悪い

・「平日に会おうと言っても断られる。平日は不倫相手に時間を割くから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「夜の予定(飲み会とか)の付き合いが悪くなる。その時間は不倫相手に合うために空けていたりするので」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

不倫相手との密会は、平日の夜に行われることも多いものです。理由なく断られることが続いたら、「あれ!?」と思うのは当たり前。別のポイントとセットで「やっぱり不倫なんだ!」と気づかれてしまいます。

(5)気持ちが不安定

・「クリスマスからお正月にかけて病んでくる。やっぱり家族優先になるので」(30歳/電機/事務系専門職)

・「気分の浮き沈みが激しそう。彼と自由に会えないと思うので、そのせいで情緒不安定になっていそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「どうせ未来がないみたいな暗さがある」(26歳/医療・福祉/専門職)

会える日は最高にハッピー! しかし会えない日は、どんよりと暗いオーラが漂ってしまいます。自分では無意識でも、周囲は敏感に情緒不安定さを感じとるもの。特にこれからは、イベントも多い季節。「どんより度」がアップしてしまうのかも……!?

(6)気づかれたい願望をこっそり持っている

・「ムダに自慢している。そういう部分がサインなのかな、とは思う」(33歳/不動産/専門職)

・「誰かに気づかれたい、ってオーラが出ている」(32歳/自動車関連/技術職)

絶対に人には言えない秘密の関係だからこそ、ついこんな衝動に突き動かされてしまうのでしょうか。会話の中でそれっぽいことを匂わせる発言があったら、まず確実に気づかれてしまいます。誰かに気づいてほしいという潜在的な欲求は誰しも持っていそうです。

<まとめ>

不倫中の女性に自覚はないかもしれませんが、実はさまざまなサインを発してしまっているようですね。秘密の関係は「いつかバレる」のが運命です。すべてを失いかねない恋へと踏み出す前に……冷静な判断ができるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月12日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE