お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

痛い女っ! 「彼氏のスペック自慢」をする女の特徴6つ

ファナティック

友だちに「いい出会いがあったこと」を素直に喜びたいのに、そうさせてくれないのが「彼氏のスペック自慢」をしてくる友だち……。そこで、この自慢をしてくる女性はどういう人が多いのかを働く女性に教えてもらいました。「彼氏のスペック自慢」は自慢でなく痛いだけ!?

自分のコンプレックスを、彼氏のスペックで埋めようとしている

・「自分のスペックにコンプレックスがある。彼のスペックで自分のスペックを隠そうとする人が多い」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

・「自分に自信がないから彼のスペック頼り」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

自分に足りないものがあり、それを埋めたいと思っている女性は「彼氏のスペック自慢」になりやすいとか。自分のコンプレックスを他人の長所で埋めようとしている!?

自分がなく、何でも彼氏頼みな女性

・「自分に自信がないか、ほかに言うことがないというか、その人自身に主体性がない」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「彼氏イコール自分というように考えている」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分というものがあまりなく、人に自慢できることがない人も「彼氏のスペック自慢」にはまりやすいよう。自慢したいのではなく、それしか話せることがない……場合も。

マウンティング女子は「彼氏のスペック自慢」をよくする

・「褒められたがりで、承認欲求が強く、心の底では自分を認められない人」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「マウンティング女子。彼氏のスペック=自分のスペックと思い込んでいる、ズレた感覚の女性だと思う」(32歳/自動車関連/技術職)

またほかの女性に一歩差をつけがたるマウンティング女子も「彼氏のスペック自慢」をしやすいそう。マウンティング女子にかかれば、彼氏も「自分が一番になるための材料」です。

彼氏をアクセサリーみたいに考えている

・「彼氏のことを自分の所有物だと思っているのだと思う」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ブランド好きな女。身の回りのものを自慢することで、自分の価値を上げてるつもりだから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

身に着けるものが一流品でないと満足できない女性も、彼氏のスペックを自慢しやすい女性。自分の価値をつりあげてくれる人じゃと、彼氏にしてもらえなさそう……。

彼氏への依存心が高い人

・「ブランドもの大好き、自分で自立した生活をしていこうとは思っていない」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「自分にないものを人に求める人。だから、人のスペックを自慢する」(33歳/学校・教育関連/技術職)

また結婚してから「いかに楽して過ごすか」を考える女性も、男性のスペックを気にしがちですよね。高スペックな男性を選べば、バラ色の人生が待っている!?

「いい女」だと思ってもらいたがり

・「自分がいい女と思われたいのかなとおもう」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「自分がどんなにいい男と付き合えるかに酔っている」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

高スペックな男性とつきあえるのは「自分がいい女だから」だと、暗に主張してくる女性も……。こんな女性に彼氏のことばかりほめたら、逆に不機嫌になられそうです。

まとめ

友だちが「いい人と出会えたこと」は心から喜べる内容なのに、「彼氏のスペック自慢」をされると考え方のちがいが鼻について、どうしても素直に喜べないですよね。彼氏のそんなところばかり見ていたら、大事な何かを見失ってしまいそう!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月17日
調査人数:101人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE