お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジうざっ! 男性が嫌がる「重すぎる彼女」の行動・6つ

ファナティック

恋人から要求されることが多すぎると、それが愛情なのか束縛なのかがわからなくなってくることもあるもの。あまりにも求められることが増えすぎると、正直、相手の愛情が重くなってしまうこともありますよね。そこで、「重すぎる!」と思った彼女とのやりとりや行動を、男性に本音で語ってもらいました。

結婚を迫られる

・「結婚の話を何回もしていくこと、迫ること、プレッシャーのかけ方がうまいこと」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「結婚を迫られてしまうこと。怖い」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

彼女から結婚を迫られると、どうしても重く感じてしまう男性もいるようです。自分自身の結婚願望が弱ければ、よりそう思ってしまうのでしょうね。

予定をチェックする

・「スケジュールを事細かに聞いてくること」(39歳/建設・土木/技術職)

・「いちいちその日の予定をチェックしてしまうところで、窮屈になってしまいます」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

いつもスケジュールのチェックをされると、さすがに気持ちがどんよりしてしまうようですね。常に見張られているようで、何をするにも楽しめないのかもしれません。

メールが多い

・「常に電話やメールがかかってくると、面倒になる」(37歳/小売店/技術職)

・「一日に何回もメールしてくるのは無理」(38歳/ソフトウェア/技術職)

メールなどの連絡が頻繁すぎると、連絡を返すのが面倒に感じてしまうこともあるもの。そのまま放置していると、さらに逆鱗に触れそうですよね。

返信しないと怒る

・「電話に出なかったり、メールの返事が遅いと、着信履歴やメールの履歴がいっぱいになってびっくりしたこと」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「メールの返信が少し遅いだけで文句を言う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

連絡がきても返信しないままでいると、返信する間も与えられないほどの返事が返ってくることも。そこまでして連絡をとりたいことがあるのかと思えば、大した用事でないこともありますよね。

毎日の電話

・「必ず電話は毎日かけることとか、一日の予定や行動をすべて聞くこと」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「スマホでのテレビ電話。いくら好きでも毎日顔を合わせて話をするのは疲れる」(27歳/不動産/販売職・サービス系)

毎日必ず連絡を取り合うことを約束しているカップルもいるもの。でも、それが義務のようになってくると、男性は重いと感じてしまうかもしれませんね。

深夜のメールやLINE

・「深夜の3時までLINEがやってきていたとき」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「毎晩深夜にメールがくることです」(25歳/その他/事務系専門職)

恋人だからといって、相手の都合を考えず、好きな時間に連絡をしていいものではありませんよね。明日の仕事のことも考えてくれない彼女だと、ワガママに付き合いきれず重く感じてしまうのでは。

まとめ

相手の行動に干渉しすぎたり、束縛しすぎてしまうと、男性は重すぎると感じてしまうようですね。彼に連絡がとれないからとイライラして連絡を増やすよりは、その時間を自分のために有効活用したいもの。自分磨きをすることで、彼も惚れ直してくれるかもしれませんものね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日〜10月18日
調査人数:154人(22歳〜39歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE