お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

男性が「非常識」だと思うオフィスファッション・4選

フォルサ

私服OKの職場の場合、迷ってしまうのがファッション。基本的にどのような服装でも自由ですが、あまりに非常識な格好をするのは上司や先輩にお叱りを受けてしまうこともあり、気をつけたいもの。今回は男性のみなさんに、非常識だと思う職場でのファッションについて聞いてみました。

 

■露出の多いファッション

・「露出が多いフッション。目のやり場に困るから」(31歳/自動車関連/その他)

・「キャミソールにホットパンツ。あまりに露出が多いと気になってたまらないから」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「露出の多いもの。職場なのでTPOを守ってほしい」(33歳/商社・卸/営業職)

まず、最も多く回答があったのが肩を出したり背中や胸元が大きく開いているような、露出度の高いファッションについて。男性として目のやり場に困ってしまうという意見から、そもそも職場にふさわしい格好ではないといった声も聞かれました。ホットパンツやミニスカートについても不評のようです。

■ラフすぎる格好

・「部屋着のようなラフすぎる格好」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「海水浴に行くようなラフな格好。会社員としての意識が欠落している」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「ジャージ姿で来ている人を見て非常識だと思った」(40歳以上/情報・IT/技術職)

ラフな格好を好む人も多いかと思いますが、これが部屋着やTシャツ&短パン&サンダル……などと、ラフすぎてしまうと非常識だと思われてしまうようです。ジャージについては実際に職場に着てくる人が多いためか、比較的多くの回答がありました。

■派手すぎるファッション

・「スーツが無難です。私服勤務も経験ありますが、派手な色調は上司が文句言います」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「派手な服装は仕事に合わないのやめるべき」(23歳/金融・証券/営業職)

・「ひらひらの付いたドレスみたいな服。遊びに着ているのかと思ってしまうから」(36歳/情報・IT/技術職)

ドレスのような服や色調が派手すぎるファッションも場違いであるという理由で非常識だと考える男性も。まるで遊びに来ているような格好だという声が多く聞かれましたが、中には”結婚式にでも行くかのような格好””水商売のような格好”という意見もありました。

■服装以外にも……

・「香水がきつい人は仕事にならない」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ライオンがくぐれそうな大きなリングのピアス」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

このように、服装以外にも装飾品についての意見も挙がっています。香水は、きつすぎるのは考えもの。香りで集中できず、苦手人は仕事にもならないぐらい辛い人もいるようです。また、派手なアクセサリーも非常識と思われる場合も。

■まとめ

今回のアンケートでは、いきすぎた露出は控えて派手すぎずくだけすぎない服装であれば基本的にOKであるという声がほとんど。「ワンピースはダメ」「女性はスカートであるべき」などといった個人的な好き嫌いととれる回答はほとんど見られませんでした。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22歳~39歳の働く男性)

(フォルサ/池亀日名子)

お役立ち情報[PR]