お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

お茶はNG!? 医師が教える「風邪薬」と一緒に飲食してはいけないもの

阿保義久

風邪薬は水で流し込むことが一般的ですが、なかには面倒という理由で近くに置いてあるお茶やジュースと一緒に服用してしまう人も少なからずいますよね。では、水以外のものと薬を服用することにリスクはあるの? そんな疑問を解消すべく、今回は北青山Dクリニック院長の阿保義久先生に「『風邪薬』と一緒に飲食してはいけないものについて、聞いてみました。

■風邪薬をお茶で飲むのはNG?

風邪薬は水か白湯と一緒に飲むとよいとされています。とはいえ、お茶で流し込む人もいますよね。「風邪薬をお茶で飲むと効かなくなる」というウワサもあるようですが、市販で売られている風邪薬(総合感昌薬)は、お茶で飲んでもさほど問題ありません。

ただ、この総合感昌薬にはカフェインが含まれることがあり、同様にカフェインを含むお茶で流し込むことで、これを多く摂取してしまうケースも考えられます。したがって、水がないときにお茶で服用する分には大丈夫ですが、極端に毎回お茶と一緒に飲むのは避けたほうがいいでしょう。コーヒーや紅茶もこの類ですね。

■薬と一緒に飲んではいけない飲料「アルコール」

まず、アルコールはあらゆる薬において一緒に服用するのはNGです。これは、薬の吸収を早めたり遅らせたりするほか、副作用を含む作用を増強させるリスクをはらんでいるため。また、アルコールは肝臓への負担が大きく、同時に肝臓や腎臓で処理される薬の代謝が邪魔されてしまいます。薬と同タイミングで服用すると二日酔いの回復にも時間がかかるため、「いいことは何もない」と断言していいでしょう。

炭酸飲料は、薬の吸収の促進・阻害、作用の増進・減退に関係します。したがって、できれば避けてください。また、フルーツジュースなどの甘いものは薬の吸収を遅らせ、一時的に血糖が上昇することで免疫細胞の機能を低下させてしまいます。これは感染症の回復に影響してしまうため、体調が悪いときはやめておきましょう。

■風邪薬とは避けるべき“食べ合わせ”とは

薬と相性の悪い食べ物には、いくつかポイントがあります。さきほど挙げた、「アルコールが含まれるもの」「甘すぎるもの」。そして、「体を冷やしてしまうもの」もよくありません。たとえば、風邪で体がほてったときに食べたくなる女性も多いと思いますが、甘くて冷たい「アイスクリーム」はNG。そのほか、風邪薬は消化管へ負担がかかるので、「揚げ物」や「香辛料のきいた食べ物」といった刺激物は避けておきましょう。

薬を飲む前に「何かおなかに入れなきゃ!」というときも、これらを食べるよりは多めの水で薬を薄めながら飲んだほうが、消化管が守られます。以上のことに注意して、正しい飲み方で薬を服用してくださいね。

取材協力/阿保義久(北青山Dクリニック院長)

東京大学医学部卒業。医学部卒業後、外科医となることを選択。2000年に北青山Dクリニックを設立し、外科医としてのスキルを生かして日帰り手術を行うほか、病気を作らない予防医療、治癒が可能な段階で早期発見するための人間ドックの実施、生活の質を高めるためのアンチエイジング療法まで、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。

(取材協力:阿保義久、文:井田愛莉寿/マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.07.26)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]