お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 カップル

【モテるのどっち!?】男性からモテる「サプライズ」どっち?

おかざきなな

恋にお悩みのそこのあなた! 自分の恋愛偏差値を知っていますか? 小手先のモテテクニックではなく、男性から末永く愛されるためには方法があるんです!  本連載では、あなたの「恋愛偏差値」をチェックしながら、“愛され女子”になるためのステップをご紹介♪ 恋愛おブスの卒業をお手伝いします。

みなさんはサプライズされるのは好きですか? ある結婚式で、花嫁のためにサプライズでフラッシュモブを行った新郎がいたそうです。新郎は、花嫁はきっと泣いて喜んでくれるだろうと期待していたそうですが、逆に花嫁をガッカリさせてしまったといいます。

このように、よかれと思って仕掛けた「サプライズ」は、必ずしも相手に喜ばれるとはかぎりません。では、喜ばれるサプライズとはどんなものでしょうか?

ラストとなる第13回目は、プレゼントを贈るときに使える「サプライズの極意」についておかざき先生が伝授します。

>>バックナンバーはコチラから

■モテる「サプライズ」はどっち?

 モテる「サプライズ」はどっち?

A:彼の名前入りのワイン
B:豪華なクルーズ客船のディナー

正解は……「A」

■元祖・愛され女子 おかざき先生の解説

●サプライズにも、男性脳と女性脳

これまで何度もお伝えしてきた、男性からモテる言動パターンの数々……。女性の感覚ではうれしいものも、男性にとってはそうでもないことについてたくさんお話ししました。今回は付き合ってからの力量が問われる、サプライズプレゼントがテーマです。

では、男性脳が喜ぶサプライズとは、どんなものだと思いますか? これまでにお伝えしたことを思い出して考えてみてください。

●男性の想像する範囲のサプライズでは、逆に自尊心を傷つけてしまう

男性が喜ぶサプライズを知るためには、男性が女性を喜ばせるために考えるサプライズを考えてみるとわかりやすいです。男性脳で考えるゆえに一定の傾向が見えてきますよ。

<男性によろこばれないサプライズ>

1.ゴージャスなもの・わかりやすいもの
男性脳の特徴ですね。非日常感があってゴージャスで、見た目的にいかにもサプライズだとわかりやすいものは男性がまっ先に思いつくものです。「こんなゴージャスなサプライズができるオレ」を認めてほしいんですね。たしかに、一般的なイメージとしてもまさに「サプライズ」。ですから、ついつい女性もそういうものを選んでしまいがちになります。ですが、男性脳と同じ基準でサプライズを企画しても、男性を「競争」の立場や気持ちに追いやってしまうだけになってしまいます。

男性は「俺よりすごいサプライズをされてしまった……」と感じると、「ありがとう」といった気持ちよりも、「負けるものか!」と変な競争心だけが生まれてしまうからです。ここは多くの女性が陥る落とし穴です。がんばっていろいろ計画したのに思いのほか彼が喜んでくれなかった経験がある方は、おそらくこうしたサプライズをしていたのではないでしょうか。

2.手間がかからないもの
男性脳は、ちまちました細かい手順や作業は苦手です。結果のイメージ重視で、表面的にはわからない、面倒なことは避ける傾向にあります。その点、ディナークルーズは素敵ですが、手順としては、いくつか検索して予約するだけなので、案外労力はかかりません。あなたがいくら検索に時間をかけ、お金を使ってディナークルーズを申し込んだとしても、男性にとっては「大した手間はかかっていない」「俺でもできる」と受け取られてしまいかねないのです。

加えて、「ディナークルーズに連れて行ってもらう」というのは、男性の自尊心を傷つけます。以前お伝えした「仕切られてる」と同じで、「女性に連れていってもらっている」状態は、男性からしたら「一人前の大人として扱ってもらっていない」ように感じられ、非常に居心地が悪いのです。

ということは、このポイントの逆をおさえれば、男性には思いつかない・男性にはできない、かつ喜んでもらえるサプライズができるということです。

●男性脳が喜ぶサプライズは、「さりげなくて+事前の細かい準備が必要なもの」

このように、男性が思いつくサプライズはまず避けましょう。そして、その逆としてオススメなのが「彼の名前入りワイン」です。

こうしたサービスは、クルーズよりも地味なうえに、提供している会社は多くはありませんので、探して検討することだけでも思いのほか労力が必要です。しかも、見た目にはわかりにくいですが、手間という面でも、「いろいろ検索して評判を吟味して、申し込んで、彼の名前を伝えて、名前が合っているか確認して、発送日を決めて、その日に受けとって」……と水面下でやることが案外多いです。

ワイン以外にも、画像や写真を送って作ってもらうオリジナルパッケージのお菓子(チロルチョコなど)、決まった時間帯に電話予約しないと買えないレアな焼酎や日本酒などもいいですね。これらのギフトはディナークルーズに比べると華やかさには欠けますが、男性は自分では費やさない手間がかかっていることを感じて、じわ~っとうれしい気持ちになります。それをしてくれたあなたに、深い愛情を感じてくれます。

サプライズにもいろいろあります。ゴージャスでダイナミックなサプライズは、彼があなたのためにしてくれるときにとっておいてあげて、女性にしかできない演出をしてあげましょう!

■“愛され女子”になるための1歩

せっかくのサプライズです。12回目でご紹介した、モテる渡し方「ハートフルギフト」に女性の色気をプラスしましょう。そこでおすすめなのが「流し目」です。

私たちは普段、何かを見ようとするとき、目線と顔と体をほぼ同時にその方向に動かします。ですが、流し目はそのタイミングをあえてずらしたり、真正面から見るのとはちがう角度をつけたりします。すると、「ただ見る」とのはまったくちがうインパクトが生まれます。

私が大人の色気講座でご紹介している流し目には色気指数によって7パターンありますが、今回は色気指数60%の3段目をご紹介します。

<流し目3段目>

1.彼が自分の横にいる状態とします。目線はまずは正面に。
2.あごを少しだけ下げながら、目線を足の先、下の方に下ろします。
3.あごを彼の方向に向けながら、目線をカタカナの「レ」の字を書くように動かします。動かす途中でまばたきを1回します。
4.最後はダイヤモンドスマイルで、彼を見つめます。「ちょっとプレゼントがあるんだよ」と言いましょう。

いかがでしたか? 13回にわたって、男性脳と女性脳のちがいをベースに、みなさんにたくさんのモテるコツをお伝えしてきました。その中には照れてしまうものや、恥ずかしくて実行に移すのが難しいと感じるものもあったかと思います。ですが、一度トライしてみたら、案外そうでもないですよ! また、行動することで、あなたの性格や女性らしさもどんどん素敵に変わることが実感できるはず。

愛され女子になるのは簡単、ちょっとのコツと行動だけ! みなさんの幸せな恋愛をお祈りしています。
(文/おかざきなな イラスト/のでこ)

今回を持ちまして「モテるのどっち!?」は最終回となります。 今までご愛読いただきましてありがとうございました! おかざき先生から学んだ“愛され女子”になるためのコツの数々……ぜひ実践して“恋愛おブス”を卒業しましょう!

お役立ち情報[PR]