お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「車」or「家」or「夢」 6割の女性が結婚したいのは○○を持っている男性!!

ファナティック

あなたは男性を見極めようとするとき、その男性が何を「持っている」のかチェックすることはありますか? 確かに何も持ってないよりは持っている男性の方が魅力的に思えますが、みんなは結婚相手に何を持っていることを望むのでしょうか。社会人の女性にジャッジしてもらいました。

Q.「車を持っている男性」「家(マンション)を持っている男性」「夢を持ってる男性」この中ならどの男性と結婚したいですか? 自分の気持ちに近いものをお選びください。

家(マンション)を持っている男性 60.2%

車を持っている男性 28.9%

夢を持っている男性 10.9%

6割以上の女性が、家を持っている男性と結婚したいと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「車を持っている男性」と回答した女性の意見】

■生活にあると便利だから

・「遊びにも日常生活にも、車があるととても便利だから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「生活する上では一番あって便利なものだと思うから」(24歳/小売店/事務系専門職)

車があれば生活の利便性は大幅に向上します。特に公共交通機関があまり発達していない地方では、車は生活必需品とも言えるでしょう。決して安いものでもないので、持っているに越したことはないと考える人が多いようです。

■家は自分でも選びたいから

・「現実的な人が好き。家は結婚してから決めたい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家は持っていれば、金銭的に自分の負担が避けられて良いが、その後引っ越しなどできにくい。持ち家は一緒に検討したい」(30歳/ソフトウェア/その他)

住まいにこだわりがある人にとっては、家は自分の意見も反映させて決めたいと思うもの。また、場所を自由に選ぶことができない点も、家を持っているがゆえのデメリットにもなるようです。

【「家(マンション)を持っている男性」と回答した女性の意見】

■出費が大幅に軽減されるから

・「一番お金がかかるものをすでに持っているのは魅力的」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「家のローンが結婚生活で一番負担になると思うから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

住宅ローンや家賃は家計をもっとも圧迫する大きな出費。もう支払いが終わっている家があるのなら、その分のお金をほかのことに回すこともできます。自由に使えるお金が増えるのはうれしいですよね。

■経済力や計画性があることの証明だから

・「経済力があり、しっかりしている人なんだと思えるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「一番地に足をついて考えていそうで、堅実そうだから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

家は簡単な買い物ではありません。もしその家が彼が自分で建てた家だった場合は、それだけ人生設計を真剣に考えているという証明になるかもしれません。少なくとも、銀行の審査が通るくらいの経済力があることは確かでしょう。

【「夢を持っている男性」と回答した女性の意見】

■お金で買えないものだから

・「お金では買えないものをいつも胸に抱いていることがカッコいい」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「あまりお金とかそういうものに惹かれない。輝いている人に惹かれます」(31歳/その他/クリエイティブ職)

お金を払えばほとんどのものが買える時代。ですが夢はお金で買うことはできないという意見です。生活そっちのけで夢に突っ走っているのは考え物ですが、夢のために堅実に努力している人は魅力的ですよね。

■楽しい人生になりそうだから

・「ちゃんと働いてる人であるならきっと一緒にいて楽しいと思うから」(26歳/その他/その他)

・「今後の未来に絶望していない人と、明るい未来を築きたい」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

何を買っても、何を持っても、心が満たされないという話はよく聞きます。多くのモノを所有しても、楽しい人生になるとは限りません。楽しい人生を送るには明日へ向かう希望を持つことが必須ですね。

■まとめ

現実的に考えれば車や家を持っていることは確かに魅力的です。ですが車もいずれは買い替えなければならないし、家もローンが残っているなら同じこと。だからといって夢だけで食べていけるほど世の中は甘くありません。自分が理想とする結婚生活にもっとも近い価値観を持っている人と結婚することが幸せへの近道かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数127件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]