お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

結婚向いてなくね!? 「一生独身でいれば?」と友人に言いたくなる瞬間4つ

ファナティック

独身は自由、結婚は制約が多い。これは多くの人にとって当然の認識なのに、人はなぜ結婚を求めるのでしょうか。世の中には結婚しない方が人生を謳歌できるのでは? と思う人もたくさんいますよね。働く女性が友人に対して「一生独身でいれば?」と思うのはどのような瞬間なのか、本音を見てみましょう。

■1人をこよなく愛している

・「一人ですべてが楽しい友人。パートナーの入る隙間がなさそう」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「一人でも生きていけて、それのほうが自分らしく楽しく生きられるなら、そうでもいいかもしれません」(32歳/その他/その他)

何をするにしても、1人での楽しみ方を知っていて、むしろ誰かと一緒だと自分のペースを乱されると感じる人は独身の方が楽しい人生を送れるかもしれません。結婚して家族としての役割を課せられれば自然と1人の時間は減っていくのですから。

■誰に対しても満足しない

・「彼氏ができてもその彼氏の不満ばかり言いたがる友達がいます。自分はそんなに完璧なの?って思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「どんな人に告白されても、紹介されても『でも○○が……』と欠点ばかり指摘している人」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「じゃあ結局どんな人がいいの?」と聞きたくなってしまいますね。世の中に完璧な人はいません。一つ一つ欠点を探していけば、そのお眼鏡にかなう男性を見つけることは到底難しいでしょう。

■気分はまるでシンデレラ

・「いつか王子様が迎えに来ると信じている友人。一生夢見ていろと思う」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「白馬の王子を求めすぎてアラサーにして彼氏が一度もいない友達」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

一般社会では白馬の王子もガラスの靴も見つけることは困難です。シンデレラも白雪姫も何も努力しないで王子様と結ばれたわけではないのです。賢いシンデレラなら、わざとガラスの靴を落とすくらいのことはしているはずです。

■心の中にいつも天秤を持ち歩いている

・「一人の人に絞れず常に何股もかけていて、付き合っていても必ず浮気をする彼女には結婚は向いていないと思っている」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「恋愛体質で、男性に対して思わせぶりな言動を繰り返す友人。結婚したら旦那さんに浮気を疑われかねない」(30歳/その他/その他)

モテるけれどなかなか1人の人を愛することができないタイプも、独身でいることを推奨されかねません。結婚するためには永遠の愛を誓う必要があります。あれこれ異性を天秤にかけるのが許されるのは独身だからです。

■まとめ

近年は結婚という形に縛られず、自由な人生設計をする人も多くなってきています。結婚が必ずしも自分にとって幸せな選択だとは限りません。もし、自分は独身の方が向いているかも? と思ったら、結婚しない生き方を模索してみるのもありかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数115件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]