お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

絶対やっちゃダメ~! 男性が「自分の部屋に泊まったとき、彼女にしてほしくないこと」4選

ファナティック

彼氏の部屋にお泊まりするとなると女性としては緊張するものですよね。でも、彼の部屋でしないほうがいい振る舞いを知っておけば、少しはリラックスして過ごすこともできそう。彼の機嫌を損ねることもないですよね。そこで、今回はお泊まりの際に参考になりそうな「自分の部屋で彼女にしてほしくないこと」を社会人男性たちに聞いてみました。

■部屋を散らかす

・「お菓子を食べ散らかす。そこまでキレイ好きというわけではないが、汚くされたくないから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「部屋を汚す」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「使ったものを元に戻さない」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

彼女を迎えるためにキレイにしておいた部屋を、当の彼女に散らかされると男性としてもショック。もともとがキレイ好きでない彼だとしても、部屋を散らかしても平気な女性だとわかった途端に幻滅されそう。自分の部屋以上にキレイに使うということを心掛けておきたいですね。

■いろいろなところをあさる

・「収納などをあさる行為。見られたら恥ずかしいものが出てきたら困るから」(37歳/金融・証券/営業職)

・「収納やクローゼットなど開けなくてもいいところを、片っ端から開けて見ること。なんかアラ探しでもしているのかなと疑ってしまうし、ずうずうしい」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「卒業アルバムを見ること。今と全然ちがうから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

誰にでも人に見られたくないものはあるはず。だからこそ、彼女が来るときには隠しているのにそれを勝手にあさられると彼女に対する不信感を持つ男性もいそう。どこかを開けるときなどは、必ず彼の了解を得る、何かを探しているときは彼に取ってもらうようにしたほうが安心ですね。

■勝手に掃除する

・「部屋の飾りを持ち歩かないでほしい。こだわって配置しているので」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「部屋の掃除。勝手に部屋を片付けられるのが嫌だから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「荷物整理や片付け。自分のこだわりがあるから」(33歳/運輸・倉庫/その他)

彼の部屋が散らかっていると片づけたくなる気持ちもわかりますが、彼としては自分なりに使いやすい配置で物を置いてあるのかも。彼から「掃除してほしい」と頼まれない限り勝手に掃除をしたり、物を動かしたりしないほうが無難かもしれませんね。

■ダラけすぎない

・「くつろぐくらいはいいが、あまりダラけている姿は見たくないかも」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「がさつな言動」(36歳/金融・証券/営業職)

リラックスしすぎてだらけた姿は見たくないという男性も。お泊まりが原因で彼に幻滅されないためにも、くつろぎつつも気を抜かないことが大事かもしれませんね。

■まとめ

お泊まりに来た彼女に「自分の家で絶対してほしくないこと」について、さまざまなエピソードが寄せられました。逆に彼の部屋に行ったときには「自分の部屋に彼が来たときにしてほしくないことはしない」。そう心掛けていれば、彼の気分を害することもなさそうですよね。もし迷うことがあったら彼にひとこと聞いてみれば、気持ちよく過ごすことができそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~7月19日
調査人数:107人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]