お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

あなたは何個あてはまる!? 専門医に聞く「ストレスのセルフチェック方法」

今野裕之

上司や部下との人間関係や、恋人や家族との意見の食い違いなど、女性たちは日々ストレスに悩まされているはず。でも、そもそもストレスがたまっているかどうかは、どのようにしてわかるものなのでしょうか? 今回は、日本精神神経学会専門医でブレインケアクリニックの院長・今野裕之先生に、ストレスをセルフチェックする方法について、教えてもらいました。

<働く女性のストレスの実態>

まずは働く女性たちのストレスの実態を、アンケート調査しました。

Q.ストレスがたまっていると感じることがありますか?

ある……64.8%
ない……35.2%

ストレスがたまっていると感じる女性は、6割以上もいる結果に。では、実際にストレスでどのようなことに悩まされているのかを詳しく聞いてみました。

■ストレスがたまったときに出る不調

・「ストレスがたまると口まわりに吹き出物が出てくる」(24歳/金融・証券/営業職)
・「イライラして、ミスが多くなる」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「夜いつもより寝つきが悪くなる。お酒が飲みたくなる」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「気分がイライラしたり落ち込んだり、マイナス思考になりやすい」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「職場の上司がとにかくストレスの要因。顔を見るのも嫌で話すのも嫌。体が拒否反応を示してます」(31歳/その他/事務系専門職)
・「吐き気とめまいがしはじめる。人に会いたくなくなる」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「歯を食いしばりたくなるくらいイライラするときがある」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

<今野先生教えて! ストレスのセルフチェック方法>

■そもそもストレスって何?

体に影響を与えるすべてのことを、ストレスと言います。いわゆる精神的な不調だけでなく、暑さや寒さ、怪我、環境汚染など、さまざまなことがストレスになります。またストレスは悪いことだけでなく、結婚・昇進・昇給などのうれしいことも体に影響を与えるのでストレスになります。

ただ、体にストレスがかかりすぎると、副腎皮質の腫れ、リンパ節の萎縮、胃腸に潰瘍ができるなどの体に悪影響をもたらします。具体的には、胃もたれ、下痢、便秘、口内炎、頭痛、めまい、吐き気、風邪をひきやすくなる、怪我の治りが遅くなるなど、体に症状が出てきます。それだけでなく、憂うつ、不眠、不安、イライラ、意欲低下など、心の症状も出やすくなります。

■ストレスのセルフチェック

人によって症状がちがうため、ストレスの度合いはわかりにくいものです。ストレスがたまっているかどうかを、以下の質問でセルフチェックしてみましょう。

★チェック項目★

過去2週間のうち、しばしば感じた症状をチェックしてください。あてはまる項目数で結果を判定します。

(1)不安やイライラ感がある
(2)落ち着かない、集中できない
(3)憂うつな気持ちになる
(4)意欲がわかない
(5)緊張しやすい
(6)よく眠れない
(7)朝なかなか起きられない
(8)食欲がない
(9)下痢や便秘になりやすい
(10)疲れやすい、体が重い
(11)頭痛や肩こりがある
(12)動悸やめまいがする

★結果★

0個……特に問題ありません。
1~4個……ストレスによる影響が出はじめています。ストレスの原因を避け、食事や睡眠、リラクゼーションなどを心がけましょう。
5~8個……ストレスによって体調を崩しはじめています。積極的に休養を心がけ、体力・気力の回復に努めましょう。
9~12個……ストレスによる影響が顕著で、うつ病を発症している可能性もあります。医療機関へ相談に行くことをオススメします。

■今野先生からメッセージ

ストレスがかかっているかどうかは、意外と自分ではわからないものです。体にストレスの症状が出ても、ストレスが続くと反応が鈍くなるため、ストレスが解消されたと勘違いすることもあります。一見何も問題ないように見えても、実は体にストレスがかかり続けていて、あるとき急に体調を崩すこともあるのです。自分は大丈夫だと思っている人も、定期的にストレスチェックを行うようにしましょう。

(監修:今野裕之、文:マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月15日~7月19日
調査人数:145人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]