お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

今しただろ! 女性のブリッコに男性が気づく瞬間4つ

ファナティック

自分を少しでもかわいく見せたいと思うのは、ごく自然なことですが、ブリッコが過ぎると同性のみならず、男性からも不評をかってしまうこともあります。では、バレるブリッコとはどのようなものなのでしょう。社会人の男性に、ブリッコした! と気づく瞬間を教えてもらいました。

■できない私をアピール

・「かたくてふたが開かない、的な発言。うそつけ、さっき簡単に開けられてたの見たぞというのがありました」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「お弁当を最後まで食べないで何かしら残すことです。おうちではバクバク食べるのに外では食べられないふりをするのは嫌いです」(38歳/金融・証券/営業職)

人前に出たときだけ弱い女子をアピールするパターンです。このタイプの女性の特徴は、人がいないところでは素の自分が出てしまうのですが、けっこうその瞬間を見られているという詰めの甘さも目立ってしまうよう。

■必要ないのに上目遣い

・「上目遣いでアヒル口をする。自分をかわいく見せようとしている姿が逆に痛々しい」(35歳/建設・土木/技術職)

・「上目遣いで話をしてくる。かわいいアピールが透けて見えたから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

上目遣いはかわいいと信じてやまず、何かにつけ上目遣いで男性に迫る人もいるようです。ただ、無駄にあごを引いているため、二重あごになっていたり、目が大きく見えるどころかきつくにらんでいるような目になったり、しまいには「かわいいアピール」などと言われて、意外にうまくかわいさをアピールできない手法なのかもしれません。

■やたらオーバーリアクション

・「プレゼントをしたときに、2割増しくらいで喜んでいるように見えるから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「飲み会の席でここぞとばかりにサラダを取り分ける女子」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

リアクションを大きくすることで、反応がいい、気が利く女子を演じる女性もいます。ですがはたから見ればその姿は不自然そのもの。むしろ、相手の反応や周囲の空気が読めない人だと判断されてしまう可能性もあるでしょう。

■あざとい態度で叱責も回避

・「上司にブリッコして甘える女性を見たとき嫌な気持ちになった」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「仕事でミスったときに、テヘって顔をした。それも男にだけ」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

給料をもらって生活している以上、仕事でブリッコを武器にすることはよくありません。一部の男性には効果があっても、ブリッコしていることを快く思っていない男性もいるようです。仕事は真剣勝負、その場に似つかわしくない態度は控えた方がよさそうです。

■まとめ

ブリッコに対する世間の風当たりは意外に厳しいもの。時には自分をかわいく見せることも必要ですが、「あざとい」「かまとと」などと一度思われてしまうと、ブリッコのレッテルを貼られてしまうことにもなりかねません。かわいい自分を演じることよりも、心の中からかわいらしさがにじみ出てくる女性になることを目指したいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性106件(25歳~35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]