お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

その余裕、いいかも!? 「バツイチの男性」に惹かれてしまった経験4つ

ファナティック

離婚=一度結婚に失敗した男性も最近では少なくありませんよね。そのうえバツイチならではの魅力もありますよね。そこで今回は働く女性のみなさんに、「バツイチの男性」に惹かれた経験について、聞いてみました。

■経験豊富!

・「1回経験している分、冷静」(29歳/不動産/販売職・サービス系)

・「人生経験豊富で、人付き合いに余裕が見えた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「酸いも甘いも経験している感じ」(26歳/医療・福祉/専門職)

結婚以上にパワーを使うと言われている離婚。結婚のよろこびも離婚の過酷さも知っている分、ほかの人よりも多くの経験値を持っていそうですね。

■女性にやさしい!

・「やはり、過去の失敗で勉強しているせいか、やたらとやさしかったり、包容力を感じたりします」(27歳/建設・土木/技術職)

・「やさしくて落ち着きがある人のことを好きになったら、バツイチと暴露された。暴露されるまでは気付かなかったけど、そういうことだったのかとわかった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「1回失敗した分、自分の悪いところは直そうという気があるので、こちらの気持ちも理解してくれたり、理解しようとしてくれる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

女性はこうするとよろこぶ、機嫌を損ねるなど、ほかの人よりも女性のことを理解しているように感じるバツイチ男性。奥さんを通じて学んだのかも。それがいい方向に作用しているようですね。

■気の毒でつい……

・「奥さんと別れた理由を聞いて同情した」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職

・「以前に付き合っていた彼がバツイチだった。別にそこに惹かれたわけではないが、なんとなく悲しげで、私がなんとかしてあげたいと思ってしまった。その雰囲気はバツイチだったからなのかもしれないと、今なら思う」(30歳/食品・飲料/営業職)

バツイチの男性が悲しげな場合、いろいろと話を聞いているとつい同情してしまうことも。その気持ちから、惹かれてしまうこともあるようです。

■地に足がついている

・「失敗をしても、前に進もうと努力している」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家族を優先的に考える」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「家事を手伝ってくれる」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

もしかすると女性に任せていたかもしれない家事を自分でこなす男性には、生活力がありますよね。独身でも浮ついていないところが、バツイチ男性の魅力かもしれません。

■まとめ

たまたま結婚した相手との相性がよくなくて、バツが付いてしまっている離婚歴のある男性。なので、付き合ってみたら相性がよく将来が考えられる可能性も高そう。バツイチの男性にもいいところがあるということを、頭の片隅に置いておくと、選択肢の幅が広がりそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~6月20日
調査人数:184人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]