お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

これは脈アリでしょ! 女子が好きな人と「両思いになれた」と確信した瞬間4選

ファナティック

おんぶ好きな人と気持ちが通じ合うことは、とても幸せを感じるもの。言葉で確認し合うことができなくても、ちょっとしたサインで相手の気持ちは理解できますよね。そこで今回は、意中の男性と「両思いになった!」と確信した瞬間について、女性のみなさんにお話を聞いてみました。

■むこうから、告白してくれた!

・「好きと言われたとき」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「好きな相手から告白された瞬間」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「相手が、私のことを好きなんだということをほのめかしてきたとき」(29歳/ソフトウェア/技術職)

やはり言葉で「好き」だと言われると、両思いになれたと実感できますよね。もしかして……と思っていても、実際に口にされると、うれしく思えるものです。

■連絡が多くなった

・「相手からよく連絡が来るようになったとき」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「毎日連絡が来る。あえて返事を返さなかった日も連絡をくれる」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「LINEの返信が早くなったり、毎日欠かさず、お休みやおはよう、お疲れなどを言い合うようになったとき」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

理由もなく連絡が増えてくると、相手の好意が伝わってきますよね。嫌いな相手にこまめに連絡をするなんて、まず考えられませんものね。

■デートに誘われる

・「彼から食事の誘いが何度もあるとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「某テーマパークに誘われたりしたこと。新密度が高くないとなかなか誘われないから」(33歳/不動産/専門職)

・「デートにたびたび誘われるようになったとき」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

デートや食事に誘われると、間違いなく好意のしるしではないでしょうか。一度ならまだしも、何度も誘ってくるようであれば、告白される日も近いかもしれませんね。

■見つめる

・「やたら、見つめてくる。二人きりになろうとする」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「私のことを見る目がとろけていた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ご飯を食べていたり、遊びに行って、自分を見つめてくる時間が長くなったと感じたとき(ボーッと遠くを見ている横顔をじーっと見ているなと視線を感じたとき)。普通男性はあまり女性を直視しないと思うから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

なぜか職場で目が合うことが増えてくると、自分だけでなく、相手も見つめ返してきてくれていることが分かりますよね。二人っきりのときに、自分を見る目線が優しければ、両思いになる確率は高そうです。

■まとめ

言葉にしなくても態度で好意を示されると、やはり期待してしまうもの。とはいえ、やはり最後は、ちゃんとした告白で決めてほしいものですよね。相手の気持ちが分かっているのなら、こちらから告白してみるのもありかもしれませんね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数146件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]