お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

え、それも祝う!? カップルごとにちがう記念日「告白された日記念」「焼肉屋記念日」

ファナティック

カップルそれぞれの恋人や夫婦にとって大事な記念日。二人の愛情を深めるためにも記念日を作って、お祝いをするというカップルは少なくありませんが、みなさんにはどんな記念日がありますか? 今回は、カップルにとっての大事な1日である記念日について、女性たちに聞いてみました。

■付き合いの節目になる日

・「付き合って○年記念日だけです。あとは100日記念とか、200日記念とか」(26歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「出会った日、付き合いはじめた日、告白された日」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「同棲記念日」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合った記念日とお互いの誕生日とプロポーズ記念日くらいしかない」(29歳/機械・精密機器/技術職)

付き合い始めた日や同棲をスタートさせた日など、節目になる人記念日として決めている人もいるようです。中には、一年に一度だけだと寂しいからなのか、100日ごとになど割とマメに記念日を設定する人も。ただ、キリのいい日でないと彼に覚えておいてもらうのは難しいかもしれませんね。

■こんなことも記念日に

・「美味しい焼き肉屋を見つけた記念日を作っていた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「琵琶湖の日には遊びに行くことがあります」(26歳/学校・教育関連/専門職)

二人で行った焼き肉屋さんが美味しかったので、その日を記念日にしてしまったという女性もいるようですが、何となくほほえましいカップルに思えますね。記念日を作るのには何も決まりはないのだから、二人にとっていいことがあった日、思い出深い日であればいつでも記念日になるということでしょうか。

■結婚記念日を家族の日に

・「結婚記念日。忘れないほうがよいから」(32歳/その他/技術職)

・「こどもの日の次の日が結婚記念日なので、その日を結婚記念日ではなく『家族の日』として、こどもの日と合わせて2日連続の記念日にしています」(31歳/情報・IT/営業職)

結婚記念日は夫婦にとって大事な日。でも、結婚生活が長くなると忘れてしまうという人もいますよね。忘れないためにあらためて記念日として夫にも宣言しておくとよさそう。子どもができたら家族として祝える日にしてしまうというのも素敵なアイデアですよね。

■まとめ

「初めて●●した日」などを思い出として残しておくために記念日を作るという人は少なくないかもしれませんが、一緒にいるのが当たり前になると、つい忘れがち。記念日を祝うことが大事なわけでなく、出会ったころのお互いを思いやる気持ちを思い出すためにも記念日は、ぜひ二人で思い出を振り返りたいもの。男性の中にはあまり記念日を重要視しない人もいるようですが、そこは怒らずに前もって知らせておいて、当日は穏やかに記念日を迎えたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]