お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

カワイイ以外の〇〇が大事! 男性が学生のころの合コンと変わったと思う「女性に求めるもの」3つ!

ファナティック

年齢とともに異性の好みが変わったり、求めるものが変わってくるというのは誰にでもありそうなことですよね。特に学生時代と社会人になってからでは、異性を見るときの視点も大きく変化しそう。今回は、合コンで出会う女性に求めるものが、学生時代と社会人になってからで変わったかどうか、男性たちに聞いてみました。

Q.学生のころの合コンと、社会人になってからの合コンで、女性に求めるものは変わりましたか?

「変わった」……29.1%
「変わらない」……70.9%

約3割の男性が学生時代と社会人になった今では、合コンで女性に求めるものが変わったと感じているようです。では、具体的にどんな風に変わったのかを聞いてみましょう。

■学生のころに求めていたのは「体の関係」

・「学生のころは下心満載でしたが、社会人になってからは会話がおもしろいとかそういうことを求めるようになりました」(32歳/金融・証券/営業職)
・「学生のときはワンナイトラブが狙いだったが、社会人になってからは人と人のつながりを求めた」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「学生のときは、すぐに体の関係になれるのを求めていた。しかし、社会人になってから、ちゃんと付き合えそうな人を求めるようになった」(33歳/電機/技術職)

学生のときはすぐに体の関係になれそうな女性という視点で相手選びをしていたけれど、社会人になってからはその女性の人間性が大事になったという人も。付き合ってもすぐに別れてしまいそうな相手ではなく、じっくりと付き合っていけそうな相手、人として興味を持てるかどうかということが大事になったようですね。

■楽しさよりも癒やし

・「学生のころは楽しければよかったけど、社会人になってからは安心感を求めるようになった」(33歳/小売店/事務系専門職)
・「学生のときは明るくて、騒ぐのが好きな人が好きだったけど、社会人になってからは、落ち着いた雰囲気の女性を求めている」(28歳/情報・IT/技術職)
・「学生のころ:刺激、社会人:癒やし。社会人になるといろいろと疲れるから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

とにかく楽しめる相手ならOKだった学生時代とはちがって、社会人になってからは一緒にいて癒やされる女性を選ぶようになったという男性も。仕事で疲れたときにも、その女性がいてくれるだけで疲れが吹き飛んでしまうような落ち着いた雰囲気を求めるようになったみたいですね。

■遊びではなく将来を考えられる相手

・「経済観念や将来設計など結婚を意識したものに変わった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「学生のころは遊び感覚だったが、社会人は結婚相手も考える」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「学生のころは美人さ。社会人になってからは家事ができるかどうか」(34歳/金融・証券/専門職)

社会人になって結婚が身近になると、合コンで出会う相手に対しても「結婚できるかどうか」という意識を持ち始めるようです。家事をきちんとこなしてくれて、家庭をしっかり守れそうな女性。軽い気持ちでは女性と付き合えなくなるのも、社会人と学生のちがいかもしれませんね。

■まとめ

学生のころも今も求めるものが変わらないという人もいれば、社会人になったということで女性を見る視点が変わったという男性も少なくないようですね。学生のころならいろいろな女性と付き合って、出会いと別れを繰り返すという恋愛もアリかもしれませんが、社会人となると「結婚」や「家庭」を意識し始める人も増えそう。真剣に付き合って、将来的に結婚できそうな女性。社会人になってからの合コンでは、そういう女性が求められるようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数103件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]