お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今、●●だから! 男性が、キスNGのときに出す3つのサイン

ファナティック

恋人とキスするのはお互いの愛情を確認するためにも大事なこと。でも、何となく気分が乗らないときというのもありませんか? 我慢してキスしてしまうこともあるかもしれませんが、やんわりとキスNGのサインを出すようにしている人もいるよう。今回は、社会人男性のみなさんに彼女とキスをしたくないときに「やんわりと断る」ときに使うテクニックについて教えてもらいました。

彼女が「キスしたくない」と思うような口実を作る

・「ニンニク食べてくさいよとか」(34歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「今日は胃の調子が悪いから口臭がキツイかもしれないからやめようと言います」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「タバコを吸う」(34歳/医療・福祉/その他)

直球で「キスしたくない」と言うと彼女の気分を害してしまいそう。そういうときには、口臭などのせいにして、彼女のほうから諦めさせるというテクを使う男性も。側に近寄っていった途端に彼がタバコを吸いだしたら、キスを避けようとしているのかも……?

したいけどできないと伝える

・「風邪を引いてると伝える」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「口内炎があるからうつしたくないからと断る」(30歳/自動車関連/技術職)

・「唇が切れていて、血が出ていて危ないからと言う」(39歳/食品・飲料/その他)

キスしたら風邪をうつしてしまうかもしれないなど、彼女を気遣う振りをしてキスを断るという男性も。女性としてもそう言われれば無理にキスすることもできないしので、角は立たなさそう。

キスできない雰囲気にする

・「忙しそうにする」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「雰囲気を変える」(36歳/商社・卸/営業職)

・「寝たフリをする」(37歳/その他/専門職)

彼女がキスしたがっているなと感じたら、雰囲気をガラッと変えるような行動を取ったり、彼女から離れていったりという男性も。女性としては「あれ?」と思うかもしれませんが、面と向かって避けられるよりはマシかも。今はそんな気分じゃないのかなと諦めるしかなさそうですね。

まとめ

彼にキスを断られるとショックですよね。彼もきっとその気持ちを察してくれているからこそ、はっきりと断るのではなくやんわりと断るテクニックを使ってくれているはず。彼女に対する気遣いを見せてくれている彼のやさしさを汲み取ってあげるのも大事。上記のようなサインを出してきたら、今はしたくないんだなと察して、すんなり諦めるのも思いやりと言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年5月11日〜13日
調査人数:414人(22歳〜39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE