お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

付き合うのが本当に面倒! 女子が教える、お局からの誘いを上手に断れるコツ

ファナティック

職場で飲み会や女子会があれば、なるべく参加するようにしている人も多いのでは。とはいえ、参加するメンバーによっては、パスしたいこともありますよね。お局からのお誘いがあったときに、上手に断れるコツについて、女性のみなさんにアドバイスをいただきました。

■親のせいにする

・「親が遊びに来ていると言う」(31歳/金融・証券/専門職)

・「親がうるさいと言う」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「母を車で迎えに行かなきゃいけなくて、お酒は飲めないんですーと残念そうに言う」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

両親が遊びにきているというと、お局からのお誘いも角を立てずに断れそうですよね。両親を放っておいてまで、自分のお誘いに乗るよう強制するお局もいなさそうです。

■体調が悪い

・「今日は体調が悪くて……と断る。案外、心配してくれて気にかけてくれるかもしれない」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「今日は少し体調が優れなくて……という」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「体調が悪くて病院に行く」(33歳/医療・福祉/専門職)

体調が悪いと、さすがに遊びに出かけるのは無理だと思いますよね。無理をして参加させて、仕事に支障が出てしまうと、お局も負い目を感じそうですものね。

■仕事が終わらない

・「残業があるフリをする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「仕事が残っている」(25歳/農林・水産/その他)

・「”仕事が終わらなくて。これをやっておかないと、○○さんに迷惑をかけちゃうんでー”と一生懸命アピールをする」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

お局からのお誘いを断りたければ、仕事が終わらないフリをするのが一番かもしれません。しかし、手伝ってあげると言われてしまえば、あきらめるしかないかもしれませんね。

■予定がある

・「”すみません。予定があります”とはっきりと断る。余計なことは言わないに限る!」(31歳/情報・IT/営業職)

・「ぜひ行きたいんですが、今日は予定があるので本当にすみません」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「”今日はヨガなんです! また次回に誘ってください!”と習い事を使う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

お誘いがあっても、先約があれば、それ以上無理強いはしようがありませんものね。「次に誘って下さい」なんて言ってしまうと、本当にまた誘われてしまう可能性も高いかも?

■まとめ

あまり一緒に行きたくないお局からお誘いを受けた場合、一度や二度は断る理由もできるものですが、毎回断っていると、さすがに相手も気づいてしまうかもしれません。波風を立たせたくないのであれば、何回かに一度はお付き合いしておいたほうが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数165件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]