お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

女子に聞いた! 本当は食べたいけど、男性に引かれるのが嫌で遠慮しているランチって?

ファナティック

仕事中の休憩を兼ねる、大切なランチ。食べたいものを好きなだけ食べられれば幸せなのですが、女性にとって現実は、さまざまな制約がつきものです。その中でも、「男性に引かれるのが嫌で遠慮する」という意識も働きますよね。そこで今回は、本当は我慢しているけど食べたいランチについて、働く女性にアンケート調査を行いました。

■とにかく肉! お肉大好き!

・「焼き肉やステーキなどのお肉。昼からでもがっつり食べたいから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「がっつりのカツ丼や牛丼」(30歳/情報・IT/その他)

お肉をしっかり食べるランチは、周囲の目を気にする女性にとっては食べにくいようです。確かに、焼き肉屋さんのランチでがっつり食べている姿は少し恥ずかしいかもしれませんし、牛丼屋さんは女性一人で入りにくい人もいるでしょう。オシャレなランチをとるのが好きだと思われがちな女性は、「本当はお肉が食べたい」という気持ちを我慢しているのかもしれません。

■女子だってラーメンが食べたい!

・「ニンニクたっぷりのラーメン」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「ラーメン・ギョーザ・チャーハンセット。痩せ型なので、そこまで食べないだろうと思われているから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お肉よりもさらにハードルが高いかもしれないのが、ラーメンでした。ラーメンという時点で、栄養度外視、がっつり食べるというイメージがあるからかもしれません。中華屋さんも含めて、サイドメニューも本当はたくさん頼みたいのに、食べている姿をあまり見られたくないという気持ちが働くこともありそうですね。

最近では、女性も入りやすいラーメン屋さんもできていて、そこは確かに女性でにぎわっているんだとか。そう考えれば、ラーメンを食べたい女性というのはかなり多いのかもしれませんね。

■ジャンクフードも良いじゃん!

・「ハンバーガーとポテトフライ」(32歳/アパレル・繊維/営業職)

・「ピザをまるまる1枚Lサイズで食べたい」(31歳/金融・証券/専門職)

無性に食べたくなってしまう物と言えば、ジャンクフードではないでしょうか。ダイエットや美容のことを考えれば、脂肪分の高いものをたくさん食べるべきではないことは頭ではわかっています。しかし、「あのポテトが食べたい」とか、「チーズたっぷりのあれが食べたい」という気持ちになるのは、仕方ないことではありますよね。

ファストフードやイタリアンは、女性にとってわりと入りやすいお店ではないでしょうか。そのようなお店で、食欲を満たし、しかも栄養バランスも考えられたものがあれば、女性にとっては最もうれしいことなのかもしれません。

■甘い物だけで生きていたい

・「お菓子をたくさん食べたい」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「デザートばかりのランチ。ランチで幸せになりたいから」(32歳/その他/事務系専門職)

・「甘いものだけでご飯ができるのでケーキセットとか」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

「これをランチに食べたい」という気持ちが女性特有かもしれないのが、甘い物でした。お菓子やスイーツには中毒性があるようで、どんどん食べるともっともっと食べたくなるでしょう。そのため、普段からよく間食をしたり、夕飯を抜いてスイーツを食べることがあるような女性は、ランチでもそのようなものが食べたくなってしまうのかもしれません。これまで挙げたものよりも栄養の偏りが大きすぎるでしょうから、たまにスイーツ断ちをして、中毒症状を抑えることも必要かもしれませんね。

いかがでしょうか。女性はいろいろなことを考えてランチを選びますが、中にはこういった「引かれるかも」という恥の感情もあるようでした。たまになら、思い切って食べてしまっても良いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数158件(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]