お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

会社に何しに来てるの? 男性が思わずドン引きした同僚女性の服装4選

ファナティック

仕事に向かうとき、どんな服装にするようにしていますか? 男性はスーツが基本ですが、女性はそれに比べて自由度が高いことが多いですよね。オフィスカジュアルを意識したコンサバファッションが多いかもしれませんが、中にはもっとカジュアルダウンした人もいるのでは。そこで今回は、男性の目から見て「会社に何しに来てるの?」と思ってしまうような女性の服装についてアンケート調査を実施しました。

■露出度の高い服装は不人気

・「ミニスカート。男性を誘惑しに来ているとしか思えない」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「タンクトップで来てる人がいた。さすがにダメでしょ」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「胸元の大きく開いた服。嫌いではないが、仕事場にふさわしい服だとは思えない」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「ショートパンツで来てたときは、おかしいだろと思った」(33歳/小売店/事務系専門職)

露出度の高い服装は、個人的な趣味は置いておいて、「職場にはふさわしくない」と思われるようです。男性は、女性に比べて、仕事がしやすいかどうかを基準に見ることが多いようですね。オシャレにどの程度重きを置くのかが、男女に違いがあるようです。

会社の規定にドレスコードがあったとしても、どこまでのノースリーブがNGなのか、スカートの長さはどうなのかといった、常識で判断すべき項目まで決められていることは少ないでしょう。しかし、それを肯定的に受け取って露出度を高くしてしまうと、知らない内に周囲からひんしゅくを買っているかもしれません。

■派手な色づかいの服装

・「派手なワンピースとか。アフターで合コンと想像がつく」(32歳/情報・IT/技術職)

・「スーツが水商売みたいな感じだった」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

通勤ラッシュ時に周囲の人を見渡してみると、派手な服装の人は目立ちますよね。特に、色が派手な場合にはひと目で分かってしまいます。そういった目立ち方はビジネスで良い方向に働くことは少ないため、男性からすると「働くときの格好は地味で良い」のかもしれませんね。

■アクセサリーが主張し過ぎる

・「ゴツいピアス。控えめなの着けてきて欲しい」(32歳/金融・証券/営業職)

・「大きなリングがぶら下がったピアス。作業があるとき引っかかって危ない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

女性特有なのが、アクセサリーでしょう。ネックレスも長すぎたり大きすぎると不必要に目立ってしまいますが、男性が気になるのはピアスのようです。ピアス(やイヤリング)は、物によっては電話をするときに邪魔になってしまいますよね。アクセサリーのせいで電話をしないなんて、仕事では「あってはならない」ですよね。男性にとっては大きなピアスは「必要のないアクセサリー」の代表格なのかもしれません。

■ラフ過ぎるのも悪目立ちしてしまう

・「生脚で来たとき」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「体操服で来た。紺色のジャージってなんだよと」(36歳/学校・教育関連/その他)

服装と言えば、どこまでカジュアルにするのかも悩みどころですよね。制服に着替えるような職場では、極端なことを言えば、パジャマで行っても仕事に差し支えはありません。しかし、だからと言ってどんな服装でも良いとすると、例えばその会社のお客さんが見たときに、印象がすごく悪いですよね。バランス感覚というのは大切になるでしょう。

■まとめ

いかがでしょうか。女性の服装は自由度が高いぶん、ひんしゅくを買うことも多くなってしまうようです。男性の目からみてオッケーな服装をしておくことで、会社から注意を受けることもなく、会社の信用も落とさないでいられるでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年月にWebアンケート。有効回答数86件(22〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]