お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

私の気持ちに気づいて……! 本命男子に送るLINE4選

ファナティック

気になる男性がいると、相手に何とかこちらの気持ちに気づいてほしいと思うものですよね。メールやLINEなどのツールを使うと、相手に気持ちを伝えやすいかもしれませんね。そこで今回は女性のみなさんに、本命男性に送るLINEの特徴について、お話を聞いてみました。

■ハートマークを使う

・「ハートが入ったスタンプをたくさん送る」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ハートマークや絵文字、スタンプを多用」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ハートをたくさん使う」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

一番わかりやすく気持ちを表現できるのが、ハートマークですよね。もちろん、誰にでも送っていると、薄っぺらいモノになってしまうので、本命限定といったところでしょうか。

■かわいらしくする

・「かわいい絵文字を入れる」(32歳/不動産/専門職)

・「かわいいキャラのスタンプを送る」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「かわいいスタンプを送る」(31歳/金融・証券/専門職)

本命の相手には、自分をかわいらしく見てもらいたいですよね。それはLINEも同じです。絵文字やスタンプを使って、かわいらしくデコレーションするのも効果的ですね。

■返信の速度

・「送るスピードに気を使っている。早すぎず遅すぎず」(32歳/自動車関連/技術職)

・「即返信するときと、既読を付けずに少し置く。多少相手をおだてる」(27歳/情報・IT/技術職)

・「なるべく早く返信すること。かわいいスタンプを使うことなど」(25歳/食品・飲料/専門職)

本命男性にはLINEと言えども、さりげなく気をつかいたいものです。内容によって返信のタイミングを決めるのも効果的ですね。早すぎる返信は相手を疲れさせてしまいます。遅すぎるのも会話が繋がらなくなってしまいます。

■絵文字を使う

・「絵文字や顔文字をたくさん使う」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ちゃんと文章に合わせた絵文字を考える」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「絵文字を使ってかわいく」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

絵文字をうまく使うことも大切ですよね。特に本命相手となると、意味のないかわいいスタンプよりも、本文に合わせたスタンプのほうが印象がよくなります。それは絵文字も同じですよね。

LINEは絵文字やスタンプで、いろいろなデコレーションができます。本命男性が相手の場合、かわいらしさももちろんですが、気遣いも大切になります。かわいさだけでなく、しっかりした面もアピールしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]