お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

素朴なギモン! 化粧水をつけるとき、「コットン」or「手」どっちがいいの?

石部千晶/六識

スキンケアで化粧水をつけるとき、“コットンでつけたほうが肌に浸透しやすい”と聞いたことがあるけれど、反対に、“手の暖かさでじんわり浸透させたほうがいい”と聞いたこともあるような……。結局、何が正しいの? そこで、働く女性たちを対象に、普段コットンを使っているかどうかをアンケート調査。また、スキンケアにコットンを使用するべきかという点について、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。

Q.化粧水は、コットンでつけますか?

※マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年4月20日~25日、調査人数:147人(22歳~34歳の働く女性)

まず、化粧水を使用するときに、コットンを使用しているかどうかを聞いたところ、コットン使用派は約2割、使用しない派は約8割という結果に。それぞれ、詳しい理由を聞いてみました。

■「つける」派の意見

・「顔の汚れも拭き取りたいから」(30歳/情報・IT/その他)
・「手で行うより肌への浸透率がいいと思うから」(25歳/医療・福祉/専門職)

コットン使用派の多くは、コットンで付けたほうが肌に浸透しそう、という理由でした。中には、手でつけるより衛生的な気がするという声も。

■「つけない」派の意見

・「手の温度で少し温めてつけたほうが、浸透していく気がするから」(32歳/自動車関連/技術職)
・「手で直接つけたほうが肌の状態がわかるから」(34歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

手でつける派の意見としては、手のぬくもりが浸透のポイントになると考えている様子。また、化粧水がムダなく使える、と考えている人もいるみたい。

普段からコットンを使用する、という人もいれば、「いつもは使わないけど、こんなときだけ使う!」という人もいるようです。

<「コットン」を使うのはどんなとき?>

■集中ケアをしたいときに

・「肌を保湿したいときは、コットンをパック代わりにあてる」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「週末の時間があるときにコットンに含ませてパックをする」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

毎日ではないけれど、パックとしてスペシャルケアをするときに使用する、という回答が寄せられました。コットンパックは、たしかによく聞きますよね。

■肌荒れしているときに使用

・「肌が弱っているときは、ていねいにケアをしようと思ってコットンを使用する」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「ニキビができているときはコットンでパックする」(25歳/医療・福祉/専門職)

肌荒れをしている、乾燥がひどいなど、肌の調子によってはコットンを使用するという人もいました。

<皮膚科医に聞く、「コットン」の使いどきとは>

「肌の調子が悪いときはコットンを使用したほうがいい」、「調子が悪いからこそ手でつけるべき」と人によって考えがバラバラ。実際、肌のためにはどちらがいいのでしょうか。その疑問も含め、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に、コットンのオススメの使用方法を教えてもらいました。

■基本的には、手とコットン、自分がしっくりくるほうでOK

吉田先生「基本的には、“絶対にこちらのほうがオススメ”というのはなく、みなさんがそれぞれなじみやすい方法でいいと思います。手でつける派の人たちには“手の温度で浸透していく気がする”という意見が多かったようですが、それも多少は影響するかと思います。手でつけると、肌の調子がじかに感じられる点がいいですね」

■効果的なコットンの使い方って?

吉田先生「コットンは、普段使いで使用するのももちろんいいですが、パッティングするときや、パックとして使用するのにオススメです。週に1度ぐらいは、コットンパックで集中ケアをしてみると、肌にうるおいが与えられていいと思います。

パックで使用したコットンは、最後に首元につけたり、手に塗ったりすると、ムダなく使えますよ。パッティングするときも、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませるようにしましょう。少量だと、コットンの繊維で肌を傷つけてしまう場合があります。そして、コットンを使用する際に注意したいのが、ニキビや肌荒れをしているとき。コットンで肌が傷つき、悪化してしまう場合がありますので、そういう場合は手でやさしくつけるほうがオススメですね」

<さいごに>

いろんな意見を聞きますが、「どちらが断然オススメ!」ということではないので、自分に合ったほうを続けてOKということがわかりました。吉田先生によると「集中ケアをしたいときにはコットンで、肌荒れをしているときは手など、場合や用途によって使いわける」のがオススメのよう。コットンと手を上手に使いわけて、キレイな肌を保ちましょう!

監修:吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。2004年に渋谷スキンクリニックを開業。一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。なかでもニキビ治療を得意とする。また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわる様々な悩みに対応してくれる。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

(取材・文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]