お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

使い分ける派多数! 「デート」と「女子会」で女子は服の系統をどう変えている?

ファナティック

メイク男性ウケがいいファッションって「頭では分かっている」けれど、正直「そこばっかり気にしてたら、つまらない!」というのも事実。今回は働く女性のみなさんに、「デート」と「女子会」とでのファッションの使い分けについて本音を聞いてみました。

日頃、会う相手によって、ファッションを使い分けることはありますか?

■女子会⇒「オシャレ重視」/デート⇒「無難に」

・「女子会では少し攻めたオシャレ系のアイテムを取り入れて、自分の中で冒険する。男友だちと会う時は、少しダサいと思いながらも、女性らしいスタイルを選ぶ」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「女友だちと出かけるときは、着たい服を着るけど、男性と出かけるときは、一般ウケする服を意識する」(25歳/その他/その他)

・「女友だちのときは流行りを意識するが、男性と会うときは無難な服を選び、スカートをはくようにする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

最先端すぎるオシャレは何かと男性から不評を買いやすいアイテム。そのため、攻めのスタイルは女友だちとの時間に楽しみ、男性と会うときは、不本意ながらも無難な女性らしいコーデですませている人も。女性が思う「カワイイ」は、なぜあんなに男性には伝わらないのでしょう(笑)

■女子会⇒アクティブ系/デート⇒かわいさ重視

・「女友だちのときは動きやすくて、いっぱい食べてもお腹が苦しくならない服。デートのときは、機能性よりもかわいさ重視!」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「女友だちと出かけるときは、動きやすさを考えた格好が多い。男性とデートや合コンをするときは、華奢なアイテムを足すようにしている」(32歳/自動車関連/技術職)

・「女友だちと出かけるときは行く先に合わせた格好。デートのときはかわいい色味を入れる」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

女性がお出かけでアクティブに過ごすのは、実は「男性」よりも「女性と一緒にいるとき」が多いのかも。買い物や食べ歩きであちこち動き回るため、動きやすい服装がいいですよね。それに彼氏には「疲れた!」と正直に申告が可能。少しくらいお上品に決めても問題なし?

■女子会⇒THE女子/デート⇒大人っぽさを意識

・「女友だちとは、女子感のあるテイストをめいっぱい出して遊ぶ! 男性と遊ぶときは変に意識されないように、とってもカジュアルにする」(27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「女友だちと出かけるときは自分が好きなフリルとか柄物とかぶりっ子っぽい服で、男性もいるときは無地の服で大人っぽく見せる」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

一見コーデが「逆なのでは」と思われがちですが、女子感満載のフリルや柄物の洋服は意外と男性から引かれることがあるのも事実。またシンプル・カジュアルコーデを好む男性も意外といますよね。かわいい服で目いっぱいオシャレしたい日は女友だちと遊ぶに限る?

■会う人に合わせてメイクも変化!

・「女友だちと会うときには、したいメイクをする。黒いアイライナーを引いたり……。男性とデートのときはふんわりメイクを心がける」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「女友だちと出かけるときは簡単メイクだが、デートのときは念入りにする」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

また服装だけでなくメイクも会う人によって変えるという女性もいました。女友だちと会うときは、ちょっぴり派手なメイクでも手抜きメイクでも問題なさそうですよね。逆に男性と会うときは、男ウケするメイクがとても重要に!

■まとめ

できればいつも自分らしく楽しくオシャレがしたいものですが、美的感覚やセンスは人によって大きく変わるため、そう自由にはオシャレを楽しめない現実も。攻めのオシャレは友だちと楽しみ、かわいらしく決めたいときは彼氏とお出かけが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数140件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]