お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

うわっ! やらかしたっ! 春デートの失敗談4つ

ファナティック

せっかくの彼との春デートなのに、ささいなことが原因で、思い描いていた理想とは程遠いデートになってしまったという人はいませんか? 今回は、「楽しいはずのデートがこんなことになるなんて!」という、やらかしてしまった春デートの失敗談を社会人の女性に聞いてみました。

■花粉症には太刀打ちできなかった

・「花粉症なのに無理して出かけたら、くしゃみと目のかゆみでメイクが落ちてしまいました」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「花粉症なのですが、デート中に鼻水が垂れてきてしまってティッシュが手放せなくなってしまった。初デートだったのですが、そのあとその人からは連絡なかったです」(29歳/情報・IT/技術職)

多くの人が悩まされる花粉症。特に春は症状が悪化する人が多く、薬が手放せないという人も。対策を怠るともはや手におえず、最悪の場合はデートを中止せざるを得なくなることもあります。晴天の下でお散歩デートは無理なのでしょうか……。

■想定外の寒暖差

・「薄着で行ったら寒の戻りで寒すぎて外にいられなくなった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「暖かいと思って薄着で言ったら、夜、寒くなり顔色が悪くなった」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「夜は冷え込むのに、お昼はポカポカしているから、トレンチコートを着ていかなかった」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

昼間は初夏ほどの陽気でも、夜はぐっと冷え込むのが春の気温。服の調節が難しいため、羽織れるものを用意しておくと間違いないかも。昼間は外で、夜は屋内で楽しむなど、デートプランにも工夫が必要ですね。

■女子力アピールのつもりが……

・「お弁当を持って出かけたはいいけど、風が強くてお弁当に砂が入ってしまいました……」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「弁当に箸を忘れてしまった」(32歳/その他/事務系専門職)

張り切ってお弁当を手作りしたものの、思うようにランチタイムを楽しめなかった人もいるようです。忘れものに気を付けるのはもちろんですが、よほど穏やかな天気でなければ広げて食べるタイプのお弁当は避けたほうが無難かもしれませんね。

■TPO無視の服装は失敗のもと

・「白パンツで花見に出かけたら汚れてしまった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お花見でよく歩くのにヒールを履いて行って足がパンパンになったこと」(31歳/金融・証券/専門職)

・「スカートをはいていったら風が強くて困った」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

春デートは服装も春らしく軽やかにいきたいところですが、一番重視すべきなのはTPO。アウトドアのデートには動きやすい服装で行くのが一番です。彼に余計な気を使わせないことも大人のデートのたしなみかもしれませんね。

■まとめ

なかなかイメージ通りにはいかない春デート。見た目や雰囲気も大切ですが、実用性や自分の体調を考慮することはもっと重要です。春デートを存分に楽しむには、事前調査と抜かりない準備が必須ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月13日~4月20日
調査人数:140人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]