お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

【男女のちがい】見逃し禁止!! 年上の異性を好きになったときの近づき方!

ファナティック

好きな人が自分より年上だったら、相手にしてもらえるか不安なときもありますよね。年齢が離れていればいるほど、どうやって近づけばいいか悩んでしまいます。そこで今回は、年上の異性を好きになったときの近づき方を、男女それぞれにアンケート調査を実施してみました。

<女性の近づき方>

■相手の趣味を調べる

・「まず、趣味などを聞いて、その趣味と合えば『今度しませんか?』など言う」(22歳/その他/販売職・サービス系)
・「趣味とかをリサーチして、話しかける話題を作る。そして仲良くなれたところで飲みに誘う」(32歳/生保・損保/事務系専門職)
・「趣味や興味が同じ共通点を探して、コミュニケーションをはかる」(24歳/その他/専門職)

女性はまず、相手の好きな趣味などをリサーチして、外壁から崩して近づいていくのが得意かもしれませんね。共通の話題があれば、すぐに打ち解けることができるので、手堅いともいえますよね。趣味が同じであれば、デートのお誘いもしやすいですものね。

■甘える

・「年上には、甘えるようにするとうまく付き合える」(29歳/金融・証券/営業職)
・「年の差にもよるけど、なんかお願いごとをしたりして甘える」(26歳/不動産/事務系専門職)
・「普段あまり甘えるほうじゃないけど、何か教えてもらったりして少し甘えてみる」(23歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

年下の女性から甘えられて、イヤな気になる男性はまずいませんよね。年下だということを逆手にとって、堂々と甘えていくほうが、年上男性には有効かもしれませんね。

<男性の近づき方>

■教えてもらう

・「何でもいいので、わからないことを聞くようにして話しかける」(31歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)
・「教えを請うようにして距離を縮めていく」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「少しのことでも、相談したりアドバイスを求めたりして近づく」(35歳/金融・証券/事務系専門職)

好きな女性と、どうやって接点を持てばよいかわからない男性は多いようですね。相手が年上であろうが、年下であろうが、それは同じかもしれません。少しでも話をするために、きっかけ作りとして、質問をしているのかもしれませんね。

■話しかける

・「とにかく積極的に話すしかないと思っています」(23歳/小売店/その他)
・「積極的に話しかける。自分の印象を強くつけたいから」(27歳/その他/その他)
・「気さくに話しかけて、ごはんか飲みに誘う」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

年上の女性とはいえ、好きになったら、まず自分のことを知ってもらうために話しかけなければなりませんよね。話ついでに食事やデートに誘えれば、やっと次のステップへ進めそうです。

■まとめ

男性と女性とでは、好きな年上の異性への近づき方が、これほどちがうようですね。まずは下調べをしてから探っていく女性と、とにかく接点を持ちたいと思う男性と、それぞれのようです。どちらの方法も、好きな相手には有効かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数403件。22歳~36歳の社会人男女)

お役立ち情報[PR]