お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわ、くっせ〜! 彼氏の口が臭いときに女子たちがとる行動3つ

ファナティック

好きな彼氏だからこそ、どうしても言いにくいことってありますよね。傷つけてしまったらどうしよう、機嫌が悪くなってしまったらどうしようと思うと、なかなか言えないこともあります。そこで今回は女性のみなさんに、彼氏の口が臭いと感じた場合、どんな行動をとるか、お話を聞いてみました。

歯磨きをすすめる

・「『歯を磨いて』と言う」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「歯磨きしてもらえるようにオーラルケアのセットをプレゼントする」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「歯磨きの回数を増やすように一緒に歯磨きをする時間を作る」(33歳/生保・損保/営業職)

ズバリ言ってしまうよりは、さりげなく遠回しな言葉を使うと、彼を傷つけることなく気づかせてあげられるかもしれませんね。一緒に歯磨きをする時間を作ることで、やんわり彼の口臭ケアをしてあげるといいかも?

ガムをあげる

・「『ガム食べない?』とその場はごまかす」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「『おいしいよ』って言ってガムをすすめる」(24歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「キシリトールガムをあげる」(29歳/医療・福祉/営業職)

口臭がひどかったとき、ガムをすすめるという方法もありますね。その場しのぎにはなるので、すぐに口臭を消してほしいときには効果的。ただ、口臭の根本的なケアにはならないので、どうにかして彼に気づかせてあげる必要がありそうです。

タブレットをあげる

・「フリスクを自分が食べ、彼にもあげる。気づかれないから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ミンティアをあげます。さりげなく」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「途中でタブレットを差し出したりする」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ガムと同じように、タブレットを食べてもらうと、いったん口臭を消すことができます。しかし、これもあくまで応急処置になるので、治してもらいたいなら心を鬼にして、事実を彼に伝えるほかないかもしれませんね。

ストレートに言う!

・「『臭うよ』と教えてあげる。自分だけならまだいいとしても、それで歩かれて周囲にも不快な思いをさせてしまうのは嫌だから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ストレートに言う。でも傷つかないように『何食べたの?(笑)』をつける」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「『臭い!』とはっきり言う。あとで嫌な思いするよりもいいと思う」(25歳/医療・福祉/専門職)

ハッキリとストレートに口臭のことを伝える女性もいるようです。相手によっては、傷ついてしまうこともありますが、本人のことを考えると、ハッキリ言ってあげることも大切かもしれませんね。

<まとめ>

彼の口臭が気になったら、とりあえずその場だけをしのぐことを考えるか、根本的に治してもらえるよう伝えるか、どちらかになりますよね。彼と将来的なことも考えているなら、ズバリ言ってあげる勇気も必要かもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月23日〜3月30日
調査人数:147人(22歳〜34歳の女性)

※この記事は2016年04月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE