お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】好きな異性の好きな人が自分の友だちだった場合どうする!?

ファナティック

恋をする上でできることなら避けたいのが、自分の友だちを巻き込んだ三角関係ですよね。下手したらどちらも失うことになりかねない三角関係は、いずれ何らかの決断をしなければならないときがやってきます。気になる人から自分の友だちのことが好きだと恋の相談をされたらどうするのか、社会人の男女に聞いてみました。

Q.気になる異性から、あなたの仲のいい友だちが好きだと相談されたらどうしますか?

【女性】
きちんと相談に乗る……53.6%
適当に相談に乗る……33.3%
あきらめる方向で話をする……13.1%

【男性】
きちんと相談に乗る……76.5%
適当に相談に乗る……14.9%
あきらめる方向で話をする……8.6%

男女とも、程度のちがいはあっても相談に乗るという人が多いようです。男女別に理由を見てみましょう。

悲しくても好きな人の信頼には応えたい【女性】

・「誠実に対応しないと自己嫌悪で後悔するから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「適当にしたら嫌われそうなので、ちゃんと相談に乗って、自分を好きになってもらえるよう仕向ける」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「真摯に向き合うことで、自分にも気を持ってもらえるかもしれないから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「彼には彼の恋があるから! ちゃんと応援したい」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「男性の好みのタイプや詳しい状況を聞くチャンスだし、うまくいけば自分が仲良くなれるかもしれないから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いくら彼のお目当てが自分の友人とはいえ、相談相手として選んでくれたということは、自分を信頼してくれているということ。信頼を裏切ることはしたくないですよね。でもその一方で、着々と彼を振り向かせる作戦を進めるしたたかな人もいるようです。彼との接点ができるという意味では、これもひとつのチャンスかもしれませんね。

別案件として相談に乗り、実績を作る【男性】

・「その件に自分の感情は関係ないから誠実に対応したい」(37歳/運輸・倉庫/その他)
・「どのような結果になるとしても、しっかり話を聞くことが重要。実際には自分を好きな場合もあり得るため」(38歳/学校・教育関連/その他)
・「チャンスはまだまだあるので、相談を受けたらきっちり応じる。少しでも頼りになる実績を作るべき」(29歳/商社・卸/営業職)
・「人の幸せを祝えない男は男失格だと思うので」(28歳/食品・飲料/技術職)
・「いい人止まりで終わりたくないが、まずは相手から信頼されることが1番だと考えるから」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

好きな女性が相談してきたことで生まれた接点を大切にして、そこから自分自身が信頼できる男であるという実績を作りたいという人が多いようです。好きな女性からの相談と、自分の恋は別案件。結果がどうなるかはわからなくても、親身になって話を聞いてくれる男性に嫌な感情を持つ女性はいないはずですよね。

まとめ

男女とも、この場合の対応に大きなちがいはないようですね。好きな人にも幸せになってもらいたいけれど、自分も幸せになりたい。三角関係はそんな葛藤との戦いです。長期戦を覚悟して、まずはよき相談相手としての実績を積むことが賢明かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数548件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE