お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性に聞いた! 「運命の出会い」を信じる? 信じない?

ファナティック

人と人との出会いというのはさまざまで、偶然と偶然が重なり合って出会い結ばれたカップルもいれば、出会うべくして出会い、結ばれたカップルもいます。中には「運命」を感じざるを得ない出会いもあるかもしれません。そこで今回は働く女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.あなたは「運命の出会い」を信じますか? 考えに近いほうを選択してください。

「信じる」……58.3%
「信じない」……41.7%

<「信じる」派の意見>

■そういう出会いがしたい

・「あるって信じて、願いをこめて毎年七夕に願ってます」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「そういう話を聞くとうらやましいし、自分もそうであってほしいから」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ビビッとくるものってあると信じたい!」(26歳/医療・福祉/専門職)

「これこそ運命だ!!」と強く感じる、ドキドキする出会い……してみたいですね。

■信じているほうがきっと幸せ

・「何でもポジティブに考えたほうが、恋愛においても続きそう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「信じているほうが幸福になれるような気がするから」(26歳/自動車関連/技術職)

・「信じていないと結婚相手を見つけようっていう活力が沸かない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

「信じる者は救われる」とも言いますからね。運命の出会いを信じて、アグレッシブに出会いを求めていけば、いつか本当に自分の理想の運命の相手に出会えるかもしれませんよね。

<「信じない」派の意見>

■ビビッとくる出会いがない

・「一目ぼれとかはあまりしないので」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「なんとなく選んだ場所で出会っているだけだと感じるから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「運命的な出会いがないから」(23歳/その他/その他)

運命の出会いって、そうそうあるものではないというもの。ビビッと心に響かない男性とばかり出会っていたら「運命なんてどうせないんでしょう?」と諦めてしまう気持ちもわからなくはないかも。

■私は自分の力でどうにかする

・「運とかそういう要素もあるけど、実際は本人のがんばりだろうから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「運命はあたえられるものではなく自分でつかむものなので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「運命みたいな受動的な出会いだけに頼りたくないから」(32歳/自動車関連/技術職)

「運命に身を委ねるなんて、受け身なことはしない! 理想の恋人は自分の力で見つける!」こういう考えも力強くて素晴らしいですよね! 「いつかきっと……」なんて思わずに、自分からどんどん攻めていく姿勢も恋愛でとっても大切です。

運命の出会い、というのは人それぞれ。「これぞまさしく!」という出会いを経験する人もいれば、そうじゃない人もいます。どんな出会いにしろ、キュンとするときめきと、ふわふわ浮いてしまいそうな幸せを感じられる恋をしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月14日〜17日
調査人数:139人(22歳〜34歳の女性)

※この記事は2016年04月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE