お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

“老け顔”イメージの元! 皮膚科医に聞く、気になる「シミ」の原因と対策法

石部千晶/六識

「いままでこんなところになかったのに!」と、鏡を見ていたらシミを発見してショック……なんて悲しい経験はありませんか? シミは、一気に老け顔の印象をあたえてしまう、厄介な存在です。そんなシミを作らせないように、世の女性はどんな工夫をしているのでしょうか。そこで今回は、働く女性に、シミにまつわる悩みについて、アンケート調査を実施。さらに、シミの原因や対策について、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。

Q. 肌の「シミ」にまつわる悩みはありますか?

※マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年3月15日から17日、調査人数:140人(22歳から34歳の女性)

まず、シミの悩みがあるかを聞いてみたところ、半数以上の人がシミについて悩んでいるということがわかりました。具体的にはどのような悩みがあるのでしょうか?

<具体的な「シミ」にまつわる悩み>

■年齢には逆らえない……。
・「数年前までなかったシミが、目の下あたりに増えていてとても気になる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「加齢とともに増えてきた。特に頬まわり」(33歳/その他/クリエイティブ職)

やはり、年齢を重ねるとともに気になってきたという人が多いようです。

■昔の自分に忠告してあげたい!
・「昔の日焼けによるシミが、どんどんできてきている」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「小さいころからスポーツをしていた影響で、この年になってシミが増えてきた」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

過去に紫外線対策を怠っていたことによって、いまになって痛い目を見ているという人も。

■色白だから余計に目立つ
・「目の下から頬にかけて、シミと肝斑がたくさんある。色が白いので非常に目立つ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「まだ薄いけれど、肌の色が白いので気になる」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

肌の色が白い人は、薄いシミでも目立ってしまい、人一倍悩みが多いそう。いまはないけれど、色白だから今後が心配という意見もありました。

また、できてしまったシミを薄くする・消すために実践していることについても、聞いてみました。

<肌の「シミ」を薄くする・消すために実践していること>

■化粧品を美白系に!
・「保湿をしっかりして美白系の化粧品を使う」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「シミに効くといわれている化粧品を塗っている」(29歳/情報・IT/技術職)

美白化粧水など、美白に効くという化粧品を愛用している人が多かったです。アイテムを変えるだけでできるので、簡単にはじめられるのが利点ですよね。

■美白にはビタミンCが効く!?
・「ビタミンCを含む美容液を塗る」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「ビタミンCをこまめにとる」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

具体的に「ビタミンC」という成分の名前が多く見られました。塗るだけでなく、食べ物やサプリメントで、体の中から補充するという人もいました。

■メイクでごまかす……
・「コンシーラーで隠すようにメイクしています」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「ファンデーションを厚めに塗るくらい」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

意外と多かったのが、薄くすることよりも、隠すことを考えるという意見。人前に出るときに隠れていればOKなようです。

<皮膚科医に聞く、シミができる原因と改善法>

美白化粧品を使用したり、ビタミンをとるようにしたり……。多くの人が、自分なりのシミ対策や予防をしていることがわかりました。この方法は合っているのか、また、ほかに有効な方法があるのかどうかが気になります。そこで、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に、シミの原因や解消方法、また、シミを増やさないためのスキンケアに関して教えてもらいました。

◆シミの原因は紫外線だけではなかった!

吉田先生「みなさん知っているように、シミができてしまう主な原因は“紫外線”です。紫外線を浴びることで、肌の奥で活性酸素が発生し、メラニンという色素が作り出されます。それが残ることによって、シミができてしまいます。また、ストレスや喫煙がシミの原因になることも。肌荒れの原因にもなるので、喫煙されている方は、お肌のためにも禁煙されることをオススメします」

◆紫外線対策は365日必要

吉田先生「紫外線から肌を守るには、徹底した紫外線対策が必要です。日焼け止めだけでなく、帽子や日傘、サングラスを併用することをオススメします。注意したいのが、曇りや雨の日、屋内では紫外線対策をしていない人。天気が悪くても紫外線は降り注いでいますし、屋内だからと油断は禁物。紫外線は窓を通して入ってきます。夏の晴れた日だけでなく、紫外線対策は1年中きちんと行いましょう。できてしまったシミには、ハイドロキノン、グリコール酸、レチノイン酸が豊富な化粧品を使用しましょう」

<さいごに>

やはり、シミを作らないためには「紫外線対策」が不可欠。日差しの強い日は紫外線を意識しますが、そうでない日も、日焼け止めを塗るなどして紫外線をブロックしていきましょう。また、吉田先生いわく、「シミ対策として、ビタミンC、ビタミンE、フラーレン、アスタキサンチン、ケイ素、グリコール酸などが含まれた美容液を使うことも有効」なのだとか。化粧品を買い替えるときには、成分に着目して選んでみるのもいいかもしれませんね。

吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。2004年に渋谷スキンクリニックを開業。一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。なかでもニキビ治療を得意とする。また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわるさまざまな悩みに対応してくれる。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

(取材協力:吉田貴子、文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.06.21)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

お役立ち情報[PR]