お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】異性の前で話を盛ったり、嘘をついてしまったことはある?

ファナティック

特別な意味はなくても、異性に対して「自分のいいところを見せたい!」と思った経験はありませんか? それがきっかけで、恋へとつながるかもしれませんよね。異性の前だからこそ! 自分を良く見せたくて、嘘をついたり話を盛ったりしてしまった経験はある? 男女の回答のちがいをチェックしてみましょう。


Q.異性の前でいいかっこをしたくて、話を盛ったり、嘘をついたことはある?

【女性】
「ある」……26.3%
「ない」……73.7%

【男性】
「ある」……57.6%
「ない」……42.4%

女性よりも男性のほうが、「ある」と答えた方の割合が大きいことがわかりました。やはり男性とは、異性の前でカッコつけたい生き物なのでしょうか。その理由やエピソードについて、男女それぞれに聞きました。

<女性のエピソード>

■家事力アピール

・「料理を作れないのに得意料理は、『わりと作れる中でも~』と枕ことばをつけて、肉じゃがと回答した」(27歳女性/情報・IT/技術職)
・「毎日、家事をしていないが、家事の話になると『この前の掃除が~』とかあたかも毎回しているふうに話してしまう」(31歳女性/情報・IT/技術職)

女性意見で目立ったのが、料理や掃除など、家事力をアピールする意見でした。家庭的な女性は、ただそれだけで男性ウケが期待できるもの。特に女性の、「得意料理」トークには要注意かもしれませんよ。

■交際人数について

・「付き合った人数を片手で収まるくらいのほうが純情っぽくていいと思い、3人ぐらいサバ読んで4人と言った」(27歳女性/建設・土木/事務系専門職)
・「あまり異性にモテないが、何人にも言い寄られたように話した」(32歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

過去の恋人の人数に関して、多少の嘘を織り交ぜる女性もいるようです。水増しするか、あえて減らすのかは、その女性の作戦次第!? とはいえ、これくらいの嘘は許してほしいものですね。

<男性のエピソード>

■仕事について

・「プロジェクト内において特に肩書を持ってないのに、プロジェクトリーダーとしてメンバーをまとめているように話をした」(39歳男性/情報・IT/技術職)
・「自分が主体的にやっている仕事でないにもかかわらず、いかにもやった風にしゃべったりする」(38歳男性/自動車関連/技術職)

アラサー男性の中でも、仕事をバリバリがんばっている人は魅力的なものです。なんとなく頼りがいがあるイメージも、ありますよね。そんな効果を、男性側もよく理解しているようですね。

■お金のこと

・「本当はお金ないのに、今月余裕あるからと、おごってみたりする」(25歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「給料の手取り額を盛って話してしまったことがあります」(35歳男性/医療・福祉/専門職)
・「お金があると嘘をついて、無理したプレゼントをあげたことがある」(36歳男性/学校・教育関連/その他)

男性には、無理をしてでもがんばるべき瞬間がある!? もし嘘がバレても、自分のためにがんばってくれたのだとしたら……その努力を認めてあげたいものです。

■ヤンチャ自慢!?

・「手術跡を見せて、刺されたと嘘をついた」(32歳男性/その他/その他)
・「昔の話、あることないことを武勇伝のように盛って伝えてしまった」(32歳男性/機械・精密機器/経営・コンサルタント系)

女性にとっては、イマイチ理解できないのが、この自慢!? ときには冗談にならないようなエピソードを披露する方もいますが、実は話が盛られている可能性もあるのかもしれませんね。

まとめ

異性の前でいいかっこをしたがりなのは、女性よりも男性のほうだと言えそう!? 自分を強く、大きく見せたいと願うのは、男性の本能なのかもしれませんね。もしも嘘や見栄を見抜いてしまったとしても……優しく対応してあげるのがベストかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数539件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE