お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

働く男女に聞いた! 一番テンションが上がるのは何曜日? 「女性第3位……月曜日」

ファナティック

スケジュール「花金」なんて言葉もあるように、一週間の締めくくりは社会人にとって仕事から解放されるうれしい瞬間。休みを前にすると、明日から何をしようかワクワクしてくるものですよね。今回は働く男女それぞれに、一番テンションがあがる曜日は何曜日なのか聞いてみたところ、こんな結果になりました!

Q.女性に質問! 一番テンションがあがるのは何曜日?

●第1位 金曜日……45.3%
○第2位 土曜日……30.3%
●第3位 月曜日……14.9%
○第4位 日曜日……3.5%
●第5位 木曜日……3%
○第6位 火曜日……2%
●第7位 水曜日……1%


Q.男性に質問! 一番テンションがあがるのは何曜日?

●第1位 金曜日……52%
○第2位 土曜日……30.6%
●第3位 木曜日……6.1%
○第4位 日曜日……5.1%
●第5位 水曜日……3.1%
○第6位 月曜日……2%
●第7位 火曜日……1%

男女ともに「金曜日が一番テンションがあがる」と同じ意見。ついで土曜日が同じくランクイン。しかし、3番目になると、女性は「月曜日」と答えたのに対して、男性は「木曜日」と答えていますね。いったい、そこにはどんな意識のちがいがあるのでしょうか。もっと深く探ってみました。

月曜日は一週間のはじまり!……女性の理由

・「仕事はじまりの日だから」(26歳/自動車関連/技術職)

・「仕事はじまりの曜日なので、気分をあげていかないと、と思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「月9が楽しみ!」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「新しい一週間がはじまるというすがすがしい気持ちになる」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

「これから5日間仕事をがんばるぞ!」という意気込みが見えてくるコメントが多いですね。月曜日は仕事のはじまりということで逆に憂鬱になりがちな曜日ですが、「一日の計は朝にあり」なんて言いますし、だらけてしまいがちな月曜日だからこそ、シャキッとすることでその一週間を勢いよく乗り切れそうです。家に帰って見るドラマを楽しみに、パワフルに動きたいですね。

木曜日は週末への準備期間……男性の理由

・「休日が近づいてくるのがうれしいから」(23歳/その他/その他)

・「金曜より、週末に何をするか考えられるので」(29歳/情報・IT/営業職)

・「もうすぐ休みだ! と思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「金曜日が休みだから」(30歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

「あと2日で休み……」そう思うと、今からソワソワがとまらないもの。この曜日には、仕事のことよりも週末をどう過ごすかで頭がいっぱいになるみたいですね。比較的、男性はスタートよりもゴールに重きを置いていることがわかりました。

まとめ

見えてきたのは仕事に対するそれぞれの意識。昔から仕事を中心に働いていた男性は週末に思いをはせ、逆に女性が仕事に対して集中しようとする姿は、女性の社会進出によって、お互いの意識が逆転しつつあるのでしょうか。オトコは外で働き、オンナは家庭に入るもの、というのはもはや過去の話。アンケートの結果から、女性の働く意欲が垣間見ることができました。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数271件。22歳~38歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE