お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子がドン引き! デートでガッカリした女性の服装&態度4

ファナティック

カフェデートで相手の行動や言動にガッカリしたことはありませんか? 彼氏の態度やデート先に不満があるとそうなりやすいですよね。では、女性の服装や態度が原因で、デート中ガッカリすることはあるのでしょうか? 男性のみなさんに聞いてみましょう。

部屋着?

・「ぶ厚いジャージで来た」(31歳/情報・IT/技術職)

・「灰色スエット上下で来た」(32歳/商社・卸/営業職)

・「何かの着ぐるみパジャマ。ハロウィンでもないのに。若いって怖い」(25歳/情報・IT/技術職)

デートは基本二人きりです。ですが、まわりの人の目がありますよね。もし、男性はオシャレなのに女性が部屋着のようなものを着ているカップルを見たらどう思いますか? あまり見ない例なので、普通の人は驚いてしまいそうです。

おごってもらって当然!

・「おごりだと分かった瞬間に、いちばん高いものを次々と頼んだ」(35歳/金融・証券/営業職)

・「おごってもらうのを当たり前だと思っている女性。割り勘にしたら、後日、友人などに文句を言っていたと知った」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「女性の分まで支払ったあとで、車の中で『これだけ払って』とお願いしたら、あとで分かったことですが、『お金を請求しているみたいで、イヤだった』と言われたことがあった。勉強にもなったけど、なんか残念だった」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

デートで女性におごるのをよしとしない男性もいます。そういう男性と、男性におごってもらうことに慣れている女性が一緒に食事をすると、トラブルになる場合もあるようです。割り勘のときは食事の前にさりげなく伝えたほうがいいでしょう。

サービスしすぎ!?

・「冬なのにミニスカ。見ているほうが寒い」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「あまりに露出が多い格好。一緒に歩いていて、まわりの視線が気になって仕方なかった」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「露出が激しすぎる。ブラひもをずっと出してて、イヤ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/経営・コンサルタント系)

女性の肌が見える服を好む男性はけっこういますよね。セクシーな服装の女性は、まわりの男性の視線を集めます。デートで露出の激しい服を選ぶ女性は、ちょっと遊び好きで浮気っぽそうな感じがしますね。彼氏としては普通の服を着てほしいと思うかも。

自己中心的な態度

・「自分の気分で、こっちにまで強く当たってくる」(29歳/情報・IT/営業職)

・「頻繁にスマホをいじっているときに、自分と一緒にいても面白くないのかと思いました」(26歳/小売店/営業職)

・「退屈そうにスマホをいじっているのを見たとき」(35歳/建設・土木/技術職)

せっかくのデートなのに、彼女からつまらなさそうにされたら残念ですよね。彼氏だからと安心して取り繕わないのかもしれませんが、雑に扱われると男性はガッカリするようです。そういう経験が積み重なって、ある日突然別れを切り出されてもおかしくないですよね。

まとめ

男性がデートでガッカリすることはこんなにあるんですね。好みの服装や金銭感覚、倫理観など、個人によって異なる要素は多いです。個性のちがう2人がどうお互いの意見をすり合わせられるかが、今後の課題かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年04月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE