お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 不調

【カラダのお悩み】頭がぼーっとする! 花粉症による倦怠感の正体と対処法4つ

山本櫻子/ナナネール!

身体の不調は老化への第一歩! 専門家監修のもと、不調のメカニズムを解明し、健康的なキレイ女子になるための解決方法をお届けします♪

花粉症の人なら多くの人が体験する、倦怠感や微熱っぽさ。ぼんやりして集中力がなくなったり、身体がだるくて仕事が進まないなど、日常生活に支障をきたしてしまいがち。この症状が起こる原因は一体何なのでしょう? 今回はそのメカニズムと正しい対処法について、日本橋大河原クリニックの大河原大次先生に教えて頂きました。

◆今回のお悩み


花粉が特にひどい時期は微熱時のような状態が続いてつらい。太っていると症状がひどくなるとか、体質的に症状が異なったりするのでしょうか?(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

◆花粉症で微熱のような倦怠感が起こるのはなぜ?

そもそも、花粉症を含むアレルギーというのは「抗原抗体反応」のこと。抗原とは身体に入ってくる異物で、抗体がそれをやっつける役割をします。花粉症の場合は抗原が花粉。そして花粉症の症状は、身体に入ってくる異物を排除しようとして起こる、身体の自然な反応です。

花粉症の多くの人が感じる微熱っぽさや倦怠感は、鼻の奥の粘膜が腫れて鼻づまりを起こすことが原因です。鼻の付け根から眉間の辺りがぼーっとして発熱したときに近い感覚になります。目にもかゆみがあって涙がひっきりなしに出る場合は、さらにこの症状は体感として強くなります。太っている、痩せているなどの体質で症状が異なるということはありません。

この症状のやっかいなところは、一概に花粉症のせいといい切れないこと。もともと花粉症を持っている人は、冷たい空気に触れたり乾燥したりすることによって、粘膜が過敏になったときに「過敏性の亢進」という症状を引き起こすことがあります。これは、花粉に触れていなくても花粉症のような症状を発症してしまうことで、身体が過剰反応を起こしている状態です。さらに、この症状が起こったときは、免疫力の低下により実際に風邪を併発しているケースも多くあるといいます。

微熱っぽい感じがするだけなのか、実際に熱があるのかでは飲むべき薬もちがってくるため、症状を見極め正しい薬を飲むことが早めの改善の鍵です。

次のページで、「ぼーっとした倦怠感」が花粉症によるものか、そうでないかをチェックしてみてください!

(監修:大河原大次、文:山本櫻子/ナナネール!)

⇒(次ページ)その症状は花粉症? 風邪? 「倦怠感の正体」をチェック!

お役立ち情報[PR]