お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

結婚の保険!? 働く女子が異性を「キープ」してしまう理由4つ

成瀬瑛理子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

どんなにたくさんの人からモテても、同時に複数の男性とは付き合えないですよね。ただ、付き合う気はないものの、思わせぶりな言動で男性を「キープ」する女子も、なかにはいます。働く女子に男性をキープしてしまう理由を聞きました。

さみしいときに連絡

「ものすごくさみしがり屋なのか、どうしようもなく誰かに連絡したくなるときがある。そのときに、好きな人に連絡するとウザがられるかもしれないから(笑)、どうでもいい人に連絡。すぐに連絡が返ってこないと意味がないので、連絡がつきやすい人を何人もキープしている」(28歳/金融)

相手の男性を都合がいいように扱っているという意見。ただ、この行為に心当たりのある女子は少なくないかも……。

キッパリと断れない

「好きだと告白されても、ハッキリと振ることができない。そのせいで相手も諦めきれないようで、中途半端な関係ができてしまう」(25歳/広告)

キープされている相手は、はっきり振られないと次の恋には進めなさそうです。

結婚できなかったときの保険

「今は彼氏がいるけど、もしかしたら別れるかもしれないし、恋愛に保証なんてない。万が一のときに備えて『好きにはならないけど、スペックが高い人』とは仲よくしている。今の彼と結婚できなかったら、その人と付き合おうと思う」(26歳/出版)

「キープしている人がいないと、彼氏ひとりにのめり込んでしまって重い存在になってしまうから」(27歳/金融)という人も。キープしている相手がいるという余裕も恋愛には必要なのかもしれません。

慰めてもらうため

「好きになった人とはなぜかうまくいかず、いつも都合のいい相手にされてしまう。そんなときのために、自分にやさしくしてくれる男性をキープしておいて慰めてもらう」(25歳/不動産)

そこでやさしくされたからといって、相手の男性を好きにはならないところが切ないですね……。

自分がさみしいときにかまってもらえるよう、キープしているという女子が多いようです。ただ、「こっちがキープしていたつもりだったのに、いつの間にか私が遊ばれていた」(27歳/金融)ということもあるので、あまり調子に乗らないほうが身のためかも?

※画像はイメージです

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]