お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

え、そんな理由で!? 男性が納得できない「別れの理由」3選

ファナティック

好きで付き合いはじめたカップルでも、どこかで気持ちがすれちがって、破局してしまうことってありますよね。別れのきっかけはさまざまですが、あまりに些細な理由だと納得がいかないことも。今回は、男性が納得できないと思った別れのきっかけについて聞いてみました。

フィーリングが合わない

・「『何かちがう』と言われて別れた」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼女から女のこと全然わかってないと言われてそのまま別れた」(28歳/情報・IT/技術職)

・「飽きたからと言われて別れていた人がいた」(28歳/金融・証券/専門職)

「何かがちがう」。理由を言っているようで、まったく理由になっていない別れの言葉に納得できないと感じている人も。彼女としては、ほかに何とも言いようがないくらい漠然とした気持ちだったのかもしれません。

好みがちがう

・「映画の好みがちがったというだけの理由で別れた友人がいた」(39歳/情報・IT/技術職)

・「映画を見に行って、その途中で寝てしまったことではじまった些細な口論で別れた」(39歳/電機/技術職)

・「好きなワインの種類で別れた」(33歳/電機/技術職)

お互いの趣味が理解できないというのはカップルでも珍しくないかもしれませんが、好みがちがうことが別れのきっかけになるというのは男性には理解できないようです。もしかしたら、ちがうことで相手を否定するような言い方をしていたのかも?

電話に出ない

・「1日1回の連絡では足りないといった理由」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「電話に出ないという理由で別れた。ときには電話に出られないこともあるでしょ」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「LINEの返事が遅い」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

理由があって電話に出られないこともあるし、メッセージの返事が遅れることもあるのに、そういうことを理解しようとしない彼女の態度って男性からすると謎なんでしょうね。女性からしたら、さびしい気持ちを理解してくれなかったことが理由だったのかもしれません。

恋人と別れなきゃいけないというだけでもショックなのに、その理由があまりにも些細なことだと、それだけ自分への気持ちが軽かったのかと思ってしまいそう。もしかしたら、ほかにも理由があって積もり積もった結果だったのかもしれませんが、言われたほうとしては納得できないと思うのも仕方ないかも。別れのきっかけはどこにあるかわからない。そう思うと、自分の言動にも気をつけないといけませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数129件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]