お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

あーもう、限界! 女性たちが「婚活をやめたくなった瞬間」3選

ファナティック

最初のうちは気力も十分、素敵な出会いへの期待もあって婚活にも気合いが入るという人は少なくなさそうですが、それも長く続くと疲れてしまってつい「婚活やめようかな」と思ってしまうことも。今回は、女性たちが婚活をやめたくなった瞬間の心境に迫ってみました。

出会い自体が見つからない

・「なかなかいい男性があらわれないとき。嫌になるなーと思う」(34歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「努力しているのに、いい結果が出ない」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お金がかかるわりに良縁がないとき」(27歳/電機/事務系専門職)

・「婚活にお金を払いすぎて貯金に影響したとき」(26歳/自動車関連/営業職)

がんばって婚活しているのになかなか出会い自体が見つからない。何をしてもダメだと感じてしまって、自分に自信がなくなったときに婚活をやめようと思う女性は多いようです。合コンや婚活パーティに参加することで、お金を使い過ぎて貯金に影響が出ると将来的にも不安を感じそうですね。

婚活疲れを感じたとき

・「あまりロマンチックな気分になれないとき。恋愛のロマンチックな感じではなく現実的に考えすぎて疲れてしまうことがあるので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「精神的な疲れが出るとき」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「出会いを探すのが面倒なとき」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

婚活自体に疲れてしまった、出会いを探すことが面倒になったというときにも「もう、やめようかな」と思う女性は多いようです。結婚を夢見る部分がなくなって、現実的な部分ばかり見るようになるとロマンチックな気分に浸れなくなってそれが疲れの原因になることもあるみたいですね。

出会うのがダメ男ばかり

・「誘いがしつこかったり、誘いを断ったらキレたりする人と会うと人間不信になり疲れる」(31歳/情報・IT/技術職)

・「ダメ男ばかりとしか出会えないとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

出会い自体はあるもののどの男性も結婚相手にはふさわしくないダメ男ばかり。しつこく誘われたり、誘いを断ったら切れてしまうような相手とは結婚どころか、お付き合い自体も考えられないですよね。いつかは、理想の相手がと思い続けるのにも限界があるようです。

まとめ

婚活を続けているのに出会い自体が見つからないというのは、かなり精神的にもツラそう。金銭的な負担も小さいものではないだけに「これ以上続けるのはもったいない」と感じてしまうと婚活が嫌になることもあるでしょうね。ただ、そこで婚活を完全にやめてしまうことに対する不安があるのも確か。婚活疲れを感じたときには、全部投げ出してしまう前に気分転換も兼ねて婚活を少しお休みしてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月14日~1月27日
調査人数:147人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]