お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 義理でも本命でも「手作りチョコ」ってもらえるとうれしいもの?

ファナティック

お菓子作りの腕には自信があるという人や、できるだけ自分の気持ちを伝えたいという人は、バレンタインに手作りチョコを贈ることも多いですよね。でも、手作りチョコについては男性の中にも賛否両論あるようです。今回は働く男性に、義理でも本命でも手作りチョコはうれしいのかどうか、について聞いてみました。

手抜きじゃないからうれしい

・「うれしいです。手間かけてくれたことに感謝」(32歳/金融・証券/営業職)

・「うれしい。店頭で買ったそのままより、手が込んでいるほうがうれしいに決まっている(溶かして固め直しただけでも)」(38歳/その他/技術職)

・「うれしい。手抜きじゃない感じがしてうれしい」(35歳/建設・土木/技術職)

自分のために手間をかけてくれたということがうれしいという男性は多いようですね。手作りチョコであれば、手抜きじゃないイメージは強いよう。それだけ自分のことを考えてくれたんだと思うと、義理でも本命でも手作りはうれしいみたいです。

あまりうれしくない

・「あまりうれしくない。手作り=それほどおいしくないというイメージがある。市販品のほうがうれしいかも」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「既製品のほうが好きなので、あまりうれしくない」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「手作りだと重く感じるから、あまり好きじゃない」(39歳/情報・IT/技術職)

手作りチョコはあまりおいしくないというイメージを持っている男性は、たとえ本命チョコであっても手作りだと素直に喜べないようです。市販チョコのほうが味が安定しているし、好みなのであれば仕方ないですよね。

義理チョコの手作りはうれしくない

・「本命ならうれしいが、義理だとどんな感情で受け取ればいいのかわからないので、うれしくない」(36歳/情報・IT/技術職)

・「義理なら市販ので十分です。年に1回のイベントなので、もらえることに意味があり、手作りにこだわらない」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「うれしくない。義理で手作りは相手の本気度がまったく読めない。誰が本命なのか、または作りすぎて余ったのか、ということを考えてしまう」(37歳/建設・土木/技術職)

・「自分が好きな人であればうれしいが、どうでもよい人などからは、手作りチョコはもらいたくない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

本命チョコであれば手作りもアリ。でも義理チョコの手作りは正直なところ、うれしくないという男性も。義理チョコなら市販のもので、十分だということみたいです。

まとめ

手作りチョコというだけで、義理でも本命でもうれしい男性がいる反面、市販品を好む男性も。特に、義理チョコの場合は手作りだと相手の気持ちを重く感じるようです。「手作りということは義理ではなく本命?」なんて、余計な気を回さないといけないところも、男性にとっては面倒なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時2016年1月6日~1月12日
調査人数:215人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]