お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【LINE&メール術】最後に選ばれるのは癒し系! 疲れてる彼の心を、あたたかく解きほぐす癒しのLINE術

中島泰成

こんにちは、恋を叶える代筆屋の中島です。
寒い、寒い、人肌恋しい季節ですね。女性も男性もどこか人肌恋しくなる寒い季節こそ、あったかい恋をつかむ絶好のチャンスです。凍え切った彼の心をあたたかく解きほぐすメッセージ術で、彼のハートをつかんじゃいましょう。

冷たくなった彼の心をあったかくするポイントは、
「〇〇〇〇を伝えて、相手を〇〇していることをアピールする」
さあ、彼を温めるメッセ術を学びましょう。

落ち込み気味の彼をはげますには?

★仕事などで落ち込んでいる彼を慰めるメッセ
「私、わかってますから。〇〇さんが一生懸命だったこと」

男が仕事で落ち込むときは、何かに失敗したときです。かけてほしい言葉は、一生懸命やったことを理解してくれるあたたかい言葉です。だからこそ、「わかってますから」。は、グッと心を温めてくれます。

この一文をよく見てください。「私」と「わかってます」。「〇〇さん」と「一生懸命」。一文にさり気なく二人を入れることで、二人の距離を縮め、共感を呼ぶ効果もあります。

★心配事がありそうな彼を労わるメッセ
「私も、おなじです。不安で眠れないことありますよ」

男性の場合、心配事があっても、人に話したり、発散するのが苦手で、ひとりで悩んでいることが多いのです。彼が心配事で悩んでいたら、同じように、心配事を抱えている仲間がいることをアピールしましょう。「私も、同じ」この言葉は相手の不安を打ち消す共感を呼びます。

「僕だけじゃないんだ」とほっとできることで、不安でいっぱいだった彼の心もすこしずつ解きほぐされるでしょう。

★頑張り過ぎて疲れている彼を癒すメッセ
「自分のために何もしない日って、大事だと思います」

頑張り過ぎている人は、いつも見えない何かに追われています。満たされることがないから、頑張り続けなければいけない。こんな彼には、立ち止まって自分のことを考える時間が必要です。気づかせてあげるのは、彼を大切に想うあなたの役目です。

「自分のために何もしない日」この言葉に彼は大切な何かに気づき、あなたのあたたかさに触れ、癒されることでしょう。

★体調が悪そうな彼を包み込むメッセ
「辛そうでしたね、だいじょうぶ? 代わってあげたいけど、私に何かできることありますか?」

体調が悪いと、人は自然と弱気になります。体調を崩し倒れそうな彼を、あなたの愛で包み込むように支えてあげましょう。

「だいじょうぶ?」このひとことで、まず、相手の体を心配してあげることです。そして、「代わってあげたい」という彼へのやさしさをアピールしましょう。ただ、何が何でも代わってあげたい!やってあげる!をアピールしすぎると、重い女と思われるかもしれません。代わることはできないけど、何かできることがあれば、とひとこと付け加えて、重い女にならないようにしましょう。

【NEXT】彼の心をあたためるポイントは?

中島泰成

京都府生まれ。代筆屋、行政書士。1998年、高校卒業後、アメリカロサンゼルスへ留学。帰国後法律の勉強を始め資格試験に挑戦。行政書士となるも仕事がなく、偶然入った本屋で小説『代筆屋』と出会い代筆屋をはじめ、結果それがテレビ、新聞などで紹介されることに。
初の書籍『心を動かす魔法の文章術』(立東舎)が、11月25日に発売予定。
「告白」「復縁」「お礼」「謝罪」「遺言書」など、あらゆる分野の相談を受けている。悩みを抱える人、人生の岐路に立つ人、伝えたい気持ちを抱えている人と向き合い、手紙に書くことで、人生を変えるお手伝いをしている。

HP:http://www.daihituya.com/

この著者の記事一覧 

SHARE