お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

【LINE&メール術】あなた好みに育てよう! 年下男子に恋の魔法をかける調教メッセージ術

中島泰成

こんにちは、恋を叶える代筆屋の中島です。
「あ~、もう。私は全方向にフリーだというのに、男たちはなんで誘ってこないのよ!」」
なんて、ぼやいてばかりでは、はじまる恋も始まりません。

今回は、年を重ねるほど増える年下男子に恋の魔法をかける調教メッセージ術をお伝えします。恋を始めるのは、あなたの大人女子としての強さと弱さを教える飴と鞭の使い方が鍵。

恋が育つ?頼りない彼のしかり方

★恋への命令メッセ
「もう、黙って言うとおりにしてよ」

年上の女性に命令されるのが好きな男子は意外と多いです。年上女子の「もう」に男子はかわいらしさを感じます。かわいい後の命令メッセとのギャップに、年下男子は恋の試運転を開始します。

★恋する卑下メッセ
「もう、私がいないと何もできないんだから」

年上女子が好きな男子は大抵甘えた男子です。あなたの必要性を伝えることで、彼はあなたに甘えたくなります。あなたを自分のものにしたくなれば、彼の中で恋心が芽生えるでしょう。

★恋に繋がる期待するメッセ
「いつか、男になってよね」

今はまだ男じゃない、だけど将来のあなたに期待してるの。そんな彼への期待をこめたメッセージです。「男になって」の言葉に発奮した彼は、男になるための準備を始めることでしょう。

彼のダメなところもこう言えば変えられる

調教は飴と鞭が基本です。女王の鞭ばかりで、相手が逃げてしまっては意味がありません。厳しくするだけでなく、飴も取り入れましょう。

★恋を繋ぎとめるアメッセ
「意外と男らしいから、びっくりした」

ときには、彼をほめるメッセージを。男らしいという言葉、好きなんです、男は。

★恋を熟成させる待てメッセ
「さっきはごめん。でも今は駄目、もう少しだけ、待っててね」

調教に焦りは禁物。勢いづいた彼をなだめた後のフォローメッセージもかなり大切です。軽い女と思われない+彼に嫌われないために、なにか彼にガマンさせることも必要。その一方で、やさしい待てメッセで彼を焦らして弄びましょう。

★恋のやさしさを伝えるメッセ
「女の子にはもっと優しくしないと、ダメだぞ」

若い男の子にありがちな、女の子の扱いを知らない彼には、女の子の扱い方を教える必要があります。優しく扱うという基本的なことを優しく伝えてあげましょう。「ダメだぞ」というひとことで優しさが伝わり、彼もすんなり受け入れてくれるでしょう。

【NEXT】恋愛をスタートさせるには?

お役立ち情報[PR]