お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【LINE&メール術】たったひとことなのに効果は絶大! 男性のハートに刺さる、女性からのひとこと射的メッセージ術

中島泰成

こんにちは、恋を叶える代筆屋の中島です。

ある人が言った「ひとこと」や本に書かれていた「ひとこと」で人生が変わること、ありますよね。仕事を変えたり、大きな決断をしたり……。

恋愛も同じです。気になる彼のハートに突き刺さるひとことが書ければ、恋は叶ったも同然です。これぞ、彼をズキュンとさせる射的メッセージ術です。

そのポイントは、『あなたは私にとって〇〇〇〇の人』と思わせること。

テク1:否定形をあえて使う

まずは、よくある定番メッセ
「私のこと、どう思ってるんですか?」

思わせぶりとも言えるメッセージの定番ですが、鉄板ではありません。すでに紹介していますが、使い古されたメッセージであり、受け取り方によっては、ちょっと重い。こんな風にアレンジしてみましょう。

★相手が断り辛いメッセ
「私じゃ、ダメですか?」
「私のこと、嫌いですか?」

ダメとは言い辛い彼の気持ちを逆手にとって困らせてみましょう。付き合ってしまえばこちらのもの。そこから好きになる、ということもありますよね。嫌いですか、も同じように、彼は断り辛いです。否定形メッセの効果は、いたいけでいじらしい女の子を演出できることです。男は「う~っわ、この人……」って、あなたにズキュンです。

テク2:あえて決めつける

あえて押しつけがましく、決めつけた言い方をすると効果を発揮することもあります。

★勝手に肯定メッセ
「私のこと、好きなくせに」

違うよ!!と必死に否定する彼も、心の中では意識してしまいます。断言してもいい、女性に好きと言われて喜ばない男はいません。

★母性本能全開メッセ
「〇〇さんは、私がいないと、ダメだと思います」

この言葉には、女性の母性本能が詰まっています。母性本能の好きな男子は、ズキュン。
そこまで言うの、私には無理。そんな人には、こんな感じならどうですか。

★安心メッセ
「私といれば、きっと大丈夫ですよ」
「私にだけは、本当のこと話してください」

基本的に男はマザコンで甘えん坊です。しっかり守ってくれそうな女子に安心感を覚えます。マザコン男子に効くメッセですね。「私にだけは……」これはもう、ズルいですね。大抵の男は、この人なら!ってなりますよ。

【NEXT】トドメの一撃! とっておきのひとことは?

中島泰成

京都府生まれ。代筆屋、行政書士。1998年、高校卒業後、アメリカロサンゼルスへ留学。帰国後法律の勉強を始め資格試験に挑戦。行政書士となるも仕事がなく、偶然入った本屋で小説『代筆屋』と出会い代筆屋をはじめ、結果それがテレビ、新聞などで紹介されることに。
初の書籍『心を動かす魔法の文章術』(立東舎)が、11月25日に発売予定。
「告白」「復縁」「お礼」「謝罪」「遺言書」など、あらゆる分野の相談を受けている。悩みを抱える人、人生の岐路に立つ人、伝えたい気持ちを抱えている人と向き合い、手紙に書くことで、人生を変えるお手伝いをしている。

HP:http://www.daihituya.com/

この著者の記事一覧 

SHARE