お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トラウマ確定……。男にヒドイ捨てられ方をした女性エピソード4選!「婚約してたのに突然消えた」

ファナティック

付き合っている間に心変わりしてしまうのはありがちなことですが、相手からよっぽどひどい仕打ちをされたのでもない限り、相手の気持ちを思いやった別れ方をするのが最後の優しさですよね。でも残念ながら「何で?」と聞きたくなるようなこっぴどいフラれ方、捨てられ方をしてしまうこともあるようです。今回は、そんな女性たちのエピソードを集めてみました。

ほかに彼女を作られて、フラれた

・「仲のいい友人が急に彼氏とまったく連絡が取れなくなった。一カ月後に、イベントでほかの女性と一緒に歩いているのを発見」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「付き合っていたはずなのに、彼氏に彼女ができてフラれた。ひどく落ち込んでいたので、恋愛にのめり込みすぎるのはやめようと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「自分。浮気された挙げ句フラれました」(31歳/金融・証券/営業職)

自分と付き合っている間にほかの女性と浮気する。それだけでも許せませんが、しばらく音信不通になっていたと思ったら、ほかで彼女を作っていたというのは、もっとショックが大きそう。まさに、「捨てられた」といった感じですが、別れを告げるのもめんどうだったのかと思うと情けなくなりますね。

結婚を意識していたのに

・「7年間5歳年下男性と付き合っていたけれども、結婚の話をいつも相手に振るようになってウンザリされてしまったようだった」(25歳/その他/その他)
・「女友だち。3年も付き合って結婚も意識していた男性に、『ほかに好きな子ができたから』と言われてあっさり捨てられたこと。さすがにその男はひどいと思った。友だちがかわいそうだった。ある程度まで付き合ったら、男は責任を持つべき」(24歳/食品・飲料/専門職)

彼との結婚を意識して付き合い続けていたのに「ほかに好きな子ができた」なんて簡単に別れを告げられると、舞い上がっていたのは自分だけなのかと、今までの付き合いすべてを否定された気になりそう。結婚の話が出てウンザリしたから振るというのも、男性の責任感を疑ってしまう別れ方ですね。

付き合った期間が長くても別れはあっさり

・「友だちが8年付き合った彼氏にフラれ、20代を棒にふったと嘆いていた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「私です。元彼にある日突然『お前との結婚とか子どもとか考えられないから別れて』と言われました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

今まで、そんな話もしたことがなかったのに「君とは結婚も子どもも考えられないから別れて」なんて、一方的に言われても唖然としてしまいそう。20代の8年間を一緒に過ごした相手にフラれたという女性もいるようですが、その年代の女性が8年付き合っていて別れたら「20代を棒に振った」と嘆くのもわかる気がしますね。

突然彼に消えられた

・「大学時代からの友だち。婚約もしていたのにいきなり消えられた。電話などもすべて変えられていた。もっとちゃんと言葉で伝えられなかったのか」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「同僚が妊娠してしまい、その彼は実は結婚していて、中絶費も払ってもらえず捨てられてしまった」(28歳/医療・福祉/専門職)

結婚していることを隠して付き合った挙げ句に妊娠させて、そのまま何の責任も取らずに捨てるなんて、ひどい男性もいるんですね。もちろん、結婚前の妊娠にリスクがあることは女性自身も気をつけないといけないことですが、それにしても誠意の感じられない別れ方。婚約までしていたのに忽然と姿を消すというのも、女性にとってかなりトラウマになりそうです。

まとめ

結婚を前提に付き合っていた相手とも、あっさり別れてしまえる男性。考えようによってはそんな相手と結婚しなくても良かったとも思えますが、本人としてはショックが大きいことはまちがいないでしょうね。付き合いが長くなれば自然と結婚を意識するものですが、何年も付き合ったのに「ほかに好きな人ができた」なんてフラれ方をすると「今までの時間を返して!」なんて言いたくもなりそう……。しばらくは恋愛にも臆病になりそうですが、そんなにひどい男性ばかりじゃないと気持ちを入れ変えて、新しい出会いを探すのが傷をいやすためにも必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数249件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE