お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この子、こんなにかわいかったっけ……? 男子が「女友だちや同僚を女として意識する瞬間」3選

ファナティック

今まではただの友だちとしてしか見ていなかったのに、ふとした瞬間に異性として意識する……という体験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか。あるいは「女として見てほしいのに、なかなか上手くいかない……」と悩んでいる人もいるかもしれませんね。異性としての意識が芽生えるためには、どういったきっかけが必要なのでしょうか? そこで今回は社会人男性に、同僚や友だちを「女」として意識した瞬間について聞いてみました。

プライベートで会ったときに……

・「会社の人でも、2人で出掛けるとまたちがう感じになります」(35歳/通信/事務系専門職)

・「同僚がプライベートではよりかわいらしい服装で、趣味の話も合いドキドキした」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事とはちがう一面を見たとき」(38歳/通信/技術職)

・「買い物に一緒に行った」(30歳/機械・精密機器/営業職)

職場の彼に女として見てもらいたい人はまず、プライベートで会ってみるのが一番効果的かも。仕事とプライベートのギャップが、一番男性をグッと引き付けるようです。

女性らしさを感じたとき

・「普段は男友だちと同様に思っていたのに、女性らしさを感じると、女性であることを意識し出す」(38歳/電機/技術職)

・「意外な瞬間に魅了される」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「色気を感じると女性として見える」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「気にしていなかった子が満面の笑みでこっちを見ていたときに、この子いいなと思いました」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

普段、男勝りな言動、サバサバとした態度を取っている人は、彼の前であえて女性らしい一面を見せつけましょう。性別が女性でも、女性らしさを感じる面がなければ、男性はいくらたっても女として見てはくれません。

やさしくされたとき

・「仕事が忙しくて大変な時期に声をかけてくれたり、励ましてくれると意識する」(28歳/情報・IT/技術職)

・「普段は友だちとしか思っていなかったが、弱っているときに話を聞いてくれたときにかわいいと思い、意識するようになった」(33歳/電機/技術職)

・「距離が縮まったと思う」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「弱っているときに声をかけてくれたとき」(39歳/情報・IT/技術職)

弱っているときに、女性にやさしくしてもらってクラッとくる男性もいるようです。女として意識される、から一足飛びで、「好きな人」になってしまうかも!

まとめ

好きな人に女として見てもらえないのは悲しいことですよね。好きなのに、なかなか相手にしてくれないという男性がいたら参考にしてみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE