お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男ごころをつかむ、“気が利く”女性ってどういう人?

ファナティック

気がきく女性とは?

人に対してさり気ない気遣いができる女性というのは、誰からも好印象を持ってもらえるもの。押しつけがましい感じではなく、何かをしてもらったほうとしても自然に受け入れられるほどのさり気ない気遣いって意外と難しいですが、それができると男性からの好感度もアップするはず。今回は、男性が思う「気が利くな」と思う女性の言動について聞いてみましょう。

さり気なく差し入れしてくれる

・「コーヒーを入れるときに自分の分も入れてきてくれた」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「残業時に同僚の子がスイーツを差し入れしてくれた」(26歳/農林・水産/技術職)

・「事務所に戻ってくるとさっとお茶を出してくれる」(38歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「重い打ち合わせの後デスクに戻ったとき、ちょっとしたお菓子の差し入れをしてくれる」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分がコーヒーを入れるついでといった感じでさり気なくほかの人の分も淹れてきてくれるというのは、押しつけがましさを感じなくて好印象ですね。残業しているとき、外回りから帰ってきたときなどに何も言わなくても飲み物や食べ物などを準備してくれる女性を見ていると「気が利くんだな」と感心してしまうことは多いようです。

困っているときにすぐに気づいてくれる

・「荷物で手がふさがっていたとき、さっとドアを開けてくれた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「困っているときに手を差し伸べてくれる女性(ものを持っていてドアが開けられないなど)」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「困っていたら話しかけてくれる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

ちょっとした手助けが欲しいときにサッと手伝ってくれる女性も気が利くと思われるようですが、こういうのができる人ってまわりをしっかりと見ているということでもあるんですよね。荷物を持っている人のためにドアを開けてあげる、困っていそうな人に「どうしたの?」と一声かける。それだけでまわりの人からの印象がよくなることは間違いなさそうです。

いろいろなものを常備している

・「せきがひどいときに水と風邪薬を渡してくれた」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「雨でかばんがぬれたときにハンカチを貸してくれたとき」(28歳/情報・IT/技術職)

・「常に職場に裁縫セットを準備しており、ボタンが取れた際などに修理してくれること」(38歳/電機/技術職)

・「風邪のとき栄養のつくものを差し入れてくれた」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

せきをしていたら風邪薬と水、ボタンが取れたときには裁縫セットと必要なものをすぐに差し出してくれる女性って本当にありがたいですよね。もしものときのためにといろいろなものを持ち歩いている準備の良さに、女性らしい気遣いとまわりの人への心配りを感じるという男性は、少なくなさそうです。

まとめ

気が利く女性だと思ってもらうためには、ほかの人が気づかないようなちょっとしたことをさり気なくしてあげるということが大事なようです。「私が、やってあげる」というのではなく、してもらったほうが気を使わずに受け入れられるくらいのさり気なさがないと、ただのおせっかいになってしまうことも。自分が「これをしてもらったらうれしいな」と思うことを押しつけがましくない程度にしてあげる。それが気の利く女性になるために大事な気持ちかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数99件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE